滋賀高島のお米

昨年暮れから高島の生き物田んぼ米のお米に換えた
栽培中は化学農薬・化学肥料不使用のお米


偶然流れていたテレビを見て、
地域一丸となり
生き物連鎖を保全し一所懸命有機栽培で作っている
どんなお米?
検索してみると、お隣の駅のお米屋さんが取り扱っていた
早速足を運んだ。
その場で精米してくださるので、2Kとか3K購入を勧められ
それも嬉しい


さて、最近の炊飯器事情はスゴイ~~!10万円近い!
そして、大きい!
狭いキッチン常時外に出た状態で、アノ図体!
コレも私的には却下


そもそも美味しいご飯とは
そこそこのお米
炊き上がり後、蒸らし10分でお口に入れば幸せ笑顔♪
その後は劣化がすすむ
保温して食べるなんて、考えにくい
冷めたら潔くあきらめて、蒸して食べます。〈時にはエレック〉


と言うことで、高島のお米も5重層のお鍋で炊き上げる。
よく土鍋で炊くとおっしゃるが、使い込んだ土鍋は結構!
そのために買い込んだいわゆる土鍋は
灰汁が(釉が甘い〉出きってしまうまでは美味しくない。


最近お米は研がない、洗わない
傷が付くともいう
しかし、
やはりお米は研ぎたい
同じお米、同じお鍋、同じお水で炊いたとき、母と私では炊き上がり違う。
友人は自分と、娘で差がある。 と
違いはよく研ぐか、いい加減か
それくらいしか差は見つけられない
やはり、研いで小さな傷をつけることが
美味しいご飯を炊く秘訣と心得る。


高島のお米をこのようにして炊くと、
ピカピカ光ってお米粒が立って炊き上がる。
銘柄はコシヒカリだが、今までのものに比べるともっちりしている。


ガスとお鍋でご飯炊き
きっと最初は不慣れで、とっつきにくいかも
でも、これも慣れ。
心こめて作られたお米だから、
私達も、ちょっとお米のこと考えてあげたい♪


お米の研ぎ方
1.きれいなお水でひとかきしてその水は捨てる 
2.少しお水入れて、手のひら親指下の丘状のところで、
  きゅっ、きゅっきゅっと場所換えしながら30回
3.お水を入れてひとかキして、また水を捨てる
4.もう一度きゅっきゅっきゅっと30回
5、後は、お水を数回取り替えてざるに上げて一時間〈理想〉
  少量炊きではざるに上げたとき乾燥するのでお鍋にざるセットして蓋するとよい


ご飯の炊き方〈2~3合〉
水加減は1割から2割り増しにして
1.使用するお鍋に対して強火、立ち上がるまで5分かかる
2.沸騰してきたら、吹きこぼれない程度(ふたを少しずらすとか)の中火で2分くらい。
お米がもう少し水分吸って、表面の水分が少なくなるまで〈しかし、なくなってはいけない〉
3.ここでふたをきっちりして、火を極小にして15分〈タイマーをセット〉
4.チンとなったら、火を大きくしてイツツ数えて火を止める。

  蒸らし10分です。

 いまどきの性能のよいガスレンジでは極小火が難しい。中華なべ用五徳にもち網載せて
  お鍋を乗せます。

以上火を使い始めてお口に入るまでの時間は40分弱。
お宅の炊飯器って、スイッチonしてから炊き上がりまでどのくらい時間かかりますか?




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

参加しています。またはじめてみました。
ポチッとあなたの一押しが励みになります。
また戻ってきてくださいね♪




今月はお魚のレシピをレッスンします。
ブログにもたくさん登場する鮭と鯖。
詳細は
こちらへ

[PR]
トラックバックURL : http://antoncafe.exblog.jp/tb/10309660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by anton-recipes | 2009-02-08 13:21 | 料理 | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧