春の七草粥

 

今では検索すれば簡単にわかる七草。
小さい頃、母や祖母が教えてくれた。
韻を踏むようなリズムで
せりなずな、 ごぎょうはこべらほとけのざ、 すずなすずしろ、 これぞ春の七草。


しかし、実際にこの七草を口にすることはなかった。
全てをそろえることはその頃は出来なかった。


今は何と言っても、パックになった七草がスーパーで売られていて、
これらの情報をよく目にし、耳にする。
「昔の人たちは・・・」と言いながらも
イベント化して浸透しているのが現代だと思う。


はい、そのスーパーで入手した七草で炊いたお粥さん。

f0118944_021035.jpg


疲れた胃には、やはり優しい食べ物です。
無彩色食べ物が続いた後の青物。
1月7日の朝に食べたと言う七草粥。












人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

参加しています。
ポチッとあなたの一押しが励みになります♪

[PR]
トラックバックURL : http://antoncafe.exblog.jp/tb/12626244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by トニー at 2010-01-08 23:22 x
わたしも、昨晩、七草粥、いただきました。

ほんと、このタイミングでいただくのが、

なんとも、絶妙で…ありがたいと思いますねぇ☆
Commented by anton-recipes at 2010-01-09 00:54
そうですね、昔の人々は難しく考えずに自然の摂理でこのタイミングに手に入る青菜を戴いたのだと思います。その感覚今消されつつあります。それこそ人間らしさだと思いますが。
賞味期限は味や臭いでなく数字で捕らえる昨今。。。
by anton-recipes | 2010-01-08 00:23 | 料理 | Trackback | Comments(2)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧