雛祭りにちなんで

 

平日の大人だけのお雛祭りは
散らし寿司と蛤のお吸い物
寿司飯は古代米5種を少々入れて炊いたので赤く華やかに見える

f0118944_0224431.jpg
f0118944_023780.jpg


 
雛祭りは江戸時代からの女性のお祝い日
別名 上巳(じょうし)の節句と言われる。
上巳とはその年の一番最初の巳(み)の日を指し
平安の貴族の間ではこの日に陰陽師を呼んで自分の災いを
紙の人形にうつして川に流す習慣があった。
後に五節句一つとして3月3日が定められた時上巳の節句と呼ぶようになった。

私がレッスンで使用する千代紙のお雛様も
元は山陰地方の流し雛からヒントを得たもの

f0118944_1115960.jpg


このような送り雛から雛人形を飾る雛祭りの形態になったのは江戸時代。




母が若い頃から
東京ではおひな祭りのご馳走は五目寿司
蛤のお吸い物に白酒。浮かぶ食べ物雛あられ、菱餅・草もち・桜餅。
白酒は平安の世では桃花酒と呼ばれ3月3日に飲む習慣があったとか。
桃の節句と言われる所以もこちらから。


そう言えばお雛様は皆様平安の御髪(おぐし)「おすべらかし」でしたねぇ。
その内裏雛お二人の間にあるお三方(さんぼう)には
桃花酒の瓶子(お酒を入れる口が狭くなった瓶)が桃の枝と共に飾られていたと思う。


ここまで記憶をたどっていたら、やたらお雛様手元に置きたくなる。
そう、懐かしい記憶。
2月のある日、学校から飛んで帰って、母と一緒に床の間に台を作る。
どのお方がどの位地?
三人官女には高つきを配置して・・・


言われるままに配置はするも、年一回
私達は直ぐ忘れますが、昔の方は
世の中不便ゆえか?、「おつむ」内の記憶装置良いようです。


さて、3日が過ぎれば直ぐに、しまうものということで、
明けて本日、日本中のお雛様はいっせいに箱入り(笑)


仕舞う時はいつもお顔に和紙で目隠ししたこと。
掛け軸をしまう時の紐の美しい結び目。
母はお軸を左手に持ち、長い紐をするすると右手だけで結んでゆく。
些細なところ、日本の美意識の高さ感じるところ。

f0118944_03423.jpg




お雛様のお軸は今私の手元にある。
明日は私一人で仕舞う。
紐の結び目?
ハイ、同じように結びます。  が・・・
箱の中にはアンチョコ。








人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

参加しています。
ポチッとあなたの一押しが励みになります♪


[PR]
トラックバックURL : http://antoncafe.exblog.jp/tb/13003112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mame-nyanne at 2010-03-05 08:26
素敵なお雛様のお話、ありがとうございます。
丁寧な生活、心がけたいと思いました。
掛け軸の結び目、美しいですね。。。
Commented by flower-production at 2010-03-05 09:48
ひな祭り=ひなあられ。。。と 安易な発想の私でした^^
紐の結び目ひとつにも 日本の美を感じますね~
昔から 大切にずっと受け継がれてきた祝い事ですものね
Commented by anton-recipes at 2010-03-06 01:21
mama-nyanneさん
お雛様見せていただきました。
いちご・きなこちゃんの襲撃にあわなかったことを・・・
日本の美って、背筋が伸びますね。
Commented by anton-recipes at 2010-03-06 01:26
flowerさん
受け継がれてきた祝い事、大人たちがしっかり子供達へ伝えて
いきたいですね。
by anton-recipes | 2010-03-04 00:37 | 料理 | Trackback | Comments(4)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧