エメンタールがパッションフルーツの香り


エメンタールチーズ
日本のチーズ輸入暦の中で相当初期からのもの

当時からエメンタールチーズの説明は
胡桃のようなナッツ独特の香り

そのように評されていたと思う。
しかしこのナッツのような独特な香りは
アントンの食指をあまり動かすことなく
混ぜて利用はするが、単品ではめったに食べず・・・


私の冷蔵庫にはグリエールチーズ系つまりお料理用に
いつも複数チーズが収まってきた。

2年前からワインのお勉強と称して
食べるようになったエメンタールは
一番手ではない。


今日のこと
賞味期限ぎりぎり
つまり熟成進んで、食べ頃は今か?

ちょっと久しぶりにお紅茶で味見。

その瞬間
パッションフルーツの香りが口の中に広がった。
今まで味わったこと無いエメンタールチーズの美味しさを
味わった感じ。
これはダージリンベースの美味しいお茶との相乗効果



かな?・・・

これって・・・チーズによって
ダージリンが持つフルーティーなフレーバーが
引っ張り出されたかな?

ダージリンの上物はマスカットフレーバーがする。
ダージリンにブレンドされていたのはセイロンのディンブラー系統?
発酵食品の食べ合わせだから
摩訶不思議がおこる。


風邪ひいて、喉いたし 熱のなか・・・

明日になったら夢かうつつか、幻か・・・
ちょっぴり、ねつっぽいantonでした。





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります♪


[PR]
トラックバックURL : http://antoncafe.exblog.jp/tb/13511114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by anton-recipes | 2010-04-23 19:39 | 料理 | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧