千切りの達人

春先に買った新キャベツ
小さな家族では食べきれないので我が家は
先ずはロールキャベツなど作ってから
→塩漬け日本風
→ザワークラウト(シュークルート)移行させて完食。


そして
赤キャベツ(紫キャベツ)もあれば嬉しい
ピクルスのように液につけただけの場合あり、
煮るバージョンもある。
f0118944_13543076.jpg



本日は煮るバージョン
酢漬け赤キャベツ
ちょっとダッチオーブン使用でエコな食作りです。
f0118944_2354958.jpg



それにしても大量の赤キャベツを千切りするにはやはり包丁大切。
酢を使う時はステンレスもののほうがやりやすい。例え直接触らなくとも・・・


今日もツヴィリングの「ツインホウチョウMC63」お世話になっています。
特に微細で均一な分子構造を持つマイクロカーバイト(MC)で硬度63の包丁が
出来上がっている。

何よりも握って包丁を動かした時にその程よい重さが切れ味を良くし
使いやすさを倍増させていると思うのですね。何より、疲れない!
安価な包丁は薄くて、切る音ジョリンと言うような(笑)
やはり包丁は自身の持つ重さが、その切れ味とマッチして、スムーズに切れる。
「千切り達人これあって生まれる」です。
f0118944_23592934.jpg





f0118944_13463782.jpg






にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ




参加しています。
ポチッとあなたの1クリックが励みになります♪


[PR]
トラックバックURL : http://antoncafe.exblog.jp/tb/16572405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by anton-recipes | 2011-09-19 14:25 | 料理 | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧