すっかり秋 お肌に優しい薬膳

一週間前の夏日の後の此の寒さ
風邪ひかぬよう養生しましょう

秋は立秋(8月7日)から立冬(11月7日)の3か月。
前半はまだまだ夏の暑熱が続くころ、
日記を見ると曇天続き、雨空も多かった。
8月末は「熱いながらも日差しは秋」とある。

秋は乾燥の季節で口や鼻の乾燥でのどの渇きや鼻血。
皮膚や唇併せて髪の毛の乾燥・抜け毛、便秘・尿少。
或いは肺の働きは良くなる半面潤いを好む肺にとっては秋の邪は大敵。
痰少・喘息・胸痛等呼吸器のトラブルにもなりやすい。

そんな燥邪に対して用いる食薬
滋陰潤肺:きび・白きくらげ・松の実・白ごま・卵・牛乳・投入・里芋・ゆり根・白身魚・柿
益胃生津:きゅうり・トマト・胡麻・豆腐・黒きくらげ・南京・大豆・サツマイモ・キノコなど

具だくさんのお蕎麦
f0118944_19254771.jpg
具材は:大根・ニンジン・鶏肉・金針菜
そばつゆはクルミと豆乳入り




サツマイモの胡麻コロッケ
f0118944_19261395.jpg
挽肉とサツマイモを丸めてパン粉の代わりにたっぷりの白ごまを使います。






小松菜・菊花・白きくらげのあえ物
f0118944_19263713.jpg






柔らかフルフル牛乳寒天
f0118944_19252863.jpg
トッピングは梨とマンゴー
ハイビスカスシロップ

[PR]
トラックバックURL : http://antoncafe.exblog.jp/tb/28221412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by anton-recipes | 2017-10-15 19:36 | 料理 | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧