タジンにこだわる

タジン で タルト

タジンへのこだわり
たくさんのお野菜を美味しくいただけます。

調理時間は決して短くない
そのロハスな時間が好き。
中温でじっくり火が回っていくと
根菜は甘みを増して美味しくなる。

中火と一口に言ってもいろいろ
使うお鍋の材質、厚み、レンジの火力、そのコンビネーションで、
同じ゙中火にするにも、火力調整は微妙
その辺りが、お料理は「愛情」が必要な
所以でしょうか!
「考え想ってあげること!」が必要ですね。

ほとんどスープもいれず
お野菜そのものの持つ水分を
出しては吸い出しては吸い
とんがり帽子の蓋が手伝ってくれる。

そんなお野菜たちをちょっと美味しくする為にお肉を入れる。
その食べ合わせの妙も楽しい。

その時々香辛料を変えて、
本場トルコ・アナトリア風から和風まで
写真のタジンは洋風ちょっと贅沢にサフランを散らした。
f0118944_14191114.jpg

もちろん工夫次第で、他のお鍋でも出来なくはない、
でも
このお鍋が可愛い
そのままテーブルに出てきても、背が低く食べやすくもある。

一週間に一度だけゆっくりこのお鍋で
お肉とお野菜柔らかくしておけば、
足りない野菜生活も充実。

残ったら、こんな風に

f0118944_145126.jpg
f0118944_1455341.jpg

キッシュに早変わり。

キッシュのケースには、私はパンに近い皮を用意します。
市販のパイ皮; もちろん手軽なのですが、、、 バターが多すぎて。。。
そして普通のブリゼでは脂いっぱい、両方ともカロリーの取りすぎになりますw。
で、イーストをひとつまみ入れて、バターは他の皮よりず~~~っと控えめにして作ります。

もちろんケースを作るのが大変な方は、そのまま卵焼きの要領で作ればよいのですよ。

美味しくて、健康的なお料理
もっと知ってもらいたい♪
もう少し「火」と仲良くして
添加物もなるべく使わない美味しいお料理を作って欲しいな~♪
[PR]
トラックバックURL : http://antoncafe.exblog.jp/tb/9694763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by anton-recipes | 2008-11-18 14:15 | 料理 | Trackback

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧