カテゴリ:日々( 150 )

いっときのオアシス

東京駅からほど近く
一年ほど前に進出したホテルへ。

少々入りづらい構えではあるが、
33階ラウンジはド~ンと広く天井高もシンガポール並み
大人のアフタヌーンティーへ行く
完成されつくした内容で芸術品のよう
・・・

f0118944_09014974.jpg

f0118944_09015652.jpg

f0118944_09013752.jpg
f0118944_09013234.jpg
お茶がね
残念だった。

でも、きっとまた足運ぶんだろうな
素晴らしいパノラマでした。


[PR]
by anton-recipes | 2016-09-08 09:07 | 日々 | Trackback | Comments(0)

かおり

かおりものに敏感なアントン
仕事上役立ったこの鼻も最近もて余しぎみ。
本日も締め切ったのぞみ車中
男も女も香水が・・・008.gif
[PR]
by anton-recipes | 2016-08-23 11:44 | 日々 | Trackback | Comments(0)

気晴らし銀座でランチ

ちっと気晴らし気分転換必要で
友人とランチ

銀座とか…
ちょくちょく通過したり用向きあっていくことあっても
外出が好きなわけでもない
人が思うほどランチに出かけるわけでもなく

本日コアビルだったんですけれど・・・
選んだ友人も私も
コアビルの変貌ぶりにびっくり
だいたい、コアビルってまだあったんだぁ
と友人のたまわく。
あれれインフォメーションまでできて!
女性が座ってる!
開口部は大きく明るくて
?隣のビルと一緒になった?
広く見えるけど!

二人で頓珍漢な会話がしばらく続いてのランチでした。


[PR]
by anton-recipes | 2016-06-26 19:37 | 日々 | Trackback | Comments(0)

ぶらり美術館ランチ

先週一足早く「竹中工務店四百年の夢」拝見
そして
優しい日差しを浴びながら今日は
こちらでランチ

f0118944_23233768.jpg


この階段を下りて中庭でランチ

f0118944_23232266.jpg
本当は内部にあるフレンレストランへ出掛けたら
土日とあって8人待ちで
あきらめ、ここに移動

お散歩サイクリングに
よい季節





[PR]
by anton-recipes | 2016-05-29 23:37 | 日々 | Trackback | Comments(0)

月島ぶらり

病院かえり
ぶらりお散歩
こんな風景
f0118944_23540509.jpg
お神輿です
ガラス張り
ここは佃・月島
ちょっと驚いたのはどこもかしこも新しい
f0118944_23541070.jpg
隅田川越し向こうは新富町方面・左は築地
この小さな公園も水路沿いの歩道も
やけに整備されていて・・・
微妙


そして佃の守り神・住吉さん
背中に高層マンション
f0118944_23541874.jpg


水屋は切妻・瓦葺の立派なもので

f0118944_23542272.jpg
漁民が網を引く様子などを掘った欄間は明治時代再建時当時のものとか
f0118944_23543286.jpg
f0118944_23543626.jpg

小一時間ほどの散策後は
シンプルでおしゃれなオープンカフェをめ~っけ
アイスティー たぶん今まで飲んだものの中で一番!
ケーキは気取らない手作りケーキ
後を引くおいしさ。
驚きはその安さ!

以上
でした!




[PR]
by anton-recipes | 2016-05-26 00:34 | 日々 | Trackback | Comments(0)

懐かしきかなお稽古事


夫に伴われ?いえ伴って電車で病院へ。
夫の席を確保するのはすでに私の役目でありますが
この日は座れず。

さて、車内です。
目の前には大きなヴァイオリンを携えた幼いお嬢ちゃま。
もちろん母親は隣席。なにやらご本を一所懸命お読みでした。

駅をいくつか過ぎたころ、このお母さまあたりを見回した。
そこで夫の姿に気づき「失礼いたしました。気づきませんで・・・」
こう仰ってサっと夫に席を譲ってくださったのですが、
その後もお嬢ちゃまとお話しするでなく、とても自然で美しく、
素敵なお母さまでした。

お嬢ちゃま一つ優しさを心に刻んだことでしょう。
お稽古事や塾、車で移動すればこのような親御さんの姿を目にする機会もなく・・・。
親の姿から学ぶことは多いですね。

[PR]
by anton-recipes | 2016-05-09 19:25 | 日々 | Trackback | Comments(0)

お腹も想いも一杯いっぱい

建て替え休業中のTK
クッキングスクールは隣のA○Cとのコラボ中
こんな内容? ありえない!
TK90年間培ってきたサービス精神が・・・壊される
これが当初の思い。

1年半過ぎて
少し変わりましたわ。
もちろん少々 少々ですわ!
シェフたち頑張ってくれた。
私たちの想いしっかりキャッチして
総料理長講師で特別講習会開かれた。


トリュフ入り半熟スクランブルエッグ
f0118944_14224649.jpg






オマールエビとホワイトアスパラガスのポアレ
塩漬け豚バラ肉とパセリ添え
エビ風味のジューとともに
f0118944_10271007.jpg



骨付きラムのロティと牛サーロインのポアレ
ソース わさび入りオランデーズ
f0118944_10371282.jpg


出来上がったプレート3枚は4人掛けのテーブルに乗り切れず
配膳用の輪っかの上に二段構え止む無し
f0118944_10272039.jpg


[PR]
by anton-recipes | 2016-05-06 14:29 | 日々 | Trackback | Comments(0)

無事でした



無事でした!

それにしても寒い!

ブルブル!!

本日はこれまで

[PR]
by anton-recipes | 2016-03-15 15:15 | 日々 | Trackback | Comments(0)

ぶらり信濃町

日本画を学ぶ友人と信濃町の佐藤美術館へ
此の友人には現代の画家の展覧会に連れて行ってもらう事が多い。
今回は岩田荘平氏個展
日本画の概念を覆されると言われてこころしていく。


最近は油より日本画へ趣向が移行している
まあこれは年齢的なものか
ぎらぎら・こってりの油は少々うっとうしく
だんだん土に帰るってことかしらん。

等と宣いながら3人でぶらぶら目的地まで。
そこは小さめなところ、
3フロアーをエレベーター移動するのが少々たいへんではあるが
やはり衝撃的な個展。

強烈な赤の色調に、お花を知り尽くした氏が描く花の質感は
あたかも手で触れている感覚が伝わる
お花はイキイキ、その扱い方がやはり違う
幼少期から華道会に身を置いていたと言うのがうなずける
テーマである花泥棒がそこあそこにちらっちらっと登場。

日本画は色を重ねて重ねても下地が透けるようなところが特徴でしょ
それが結構な厚塗りと言うか流したような淵があったりする。

拝見するにはこちらもエネルギーがいるかも
私は鮮やかな赤色に元気をもらった。
お勧めです


どのような絵かと言うと
岩田壮平日本画展チラシ表面縮小画像

ああ、スケール感が伝わらん
「KOI」六曲一隻の屏風は身の丈以上の高さ
一番上の花泥棒(右側一部)は左側を足して壁面いっぱいに広がるほどの大きさです。
ダイナミックにお花が広がる。

扨、アート鑑賞後
近くのアートコンプレックスカフェで遅いお昼
場所変えてコーヒー
良く食べよくおしゃべりして
楽しい一日は暮れたのでした。







[PR]
by anton-recipes | 2016-03-03 17:57 | 日々 | Trackback | Comments(0)

丹頂鶴・・・飛翔?


おめでとうございます
今年も丹頂鶴と共に明けました。

後楽園の丹頂鶴は琴音にあわせて
四羽飛翔?!と

あれを飛翔と言うのか?と
意地悪い感想は言うまい
少しでも良い年となるよう
祈りをこめて!!!


f0118944_11070705.jpg
この子たちは長~~いお散歩の後
飛びました。


この寒空の下
大勢集まったこの人々はなんぞ?
と、鶴の声。



さて、出先とは言え、お祝いはしたい処
が、現実ゴミ出しを考えると
お節の準備は不可能に近い
今年の「なんちゃってお節」
f0118944_11485749.jpg

いつもは初詣にもう少し遠出をするところ。
今年は市内の岡山神社。
これが何と例年になく混み合って
長い列に、地元民びっくり。
一時間ほど並んですっかり冷えた私は
風邪っぴき







[PR]
by anton-recipes | 2016-01-03 11:52 | 日々 | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧