カテゴリ:料理( 249 )

春巻き冬ヴァージョン


冬、特にこの時期になると牡蠣が美味しく、どうしても作りたくなるのがこの春巻き。春巻きも、牡蠣も私たちにはおなじみ、大好きですよね。しかし、牡蠣の春巻きってなじみが薄いですね。
f0118944_18563045.jpg




f0118944_1911268.jpg

サクサクの春巻きも沢山作りすぎては興ざめです。また「あの春巻きがべたい!」そう思わせるためにも残りの牡蠣は紹興酒と豆板醤で酒炒りを作るわけです。ここに花山椒をたっぷり振り掛ければご機嫌です。






料理注目度ラン
キング
ポチッと押してくださると嬉しいです。
[PR]
by anton-recipes | 2007-02-15 19:50 | 料理 | Trackback | Comments(2)

インカの目覚め



f0118944_13123930.jpg馬鈴薯の品種です。一昨年から好んでお取り寄せしています。
ご覧のように(写真左と中央)卵形で一つ60グラムくらいの小型ポテト。男爵(写真右端)断面と比較していただければおわかりでしょうが、黄色っぽく色づいています。ここにお見せしている作り手さんはあまり色が濃くありませんが、、作り手さんによっては皮と実の間がもっと紫色に色づき、中心に向かって少し紫のフが入る場合もあります。


f0118944_20521335.jpg

インカの目覚め、味は栗のようなほっくりした、多少粘性もあるオイモさんなのです。メープルやライムと塩で食べる事が多いですが、今日のブランチにポテトサラダを作ってみました。
マヨネーズも自家製ですので、本当に黄色いでしょ!これがおいしい!


ポチッとな♪~料理注目度ランキング




[PR]
by anton-recipes | 2007-01-13 13:24 | 料理 | Trackback | Comments(2)

スパイスとカレーの話

マサラティーの話が出たところで、スパイス(香辛料)とカレーのお話をしましょう。

皆様、「ガラムマサラ」という名をお聞き及びでしょうか? カレー作りに凝られたことおありの方はご存知と思います。そうです、カレーが煮上がったそのときに、振り入れることもある香辛料。
これは単一の香辛料でしょうか?

ガラムGaram   辛いスパイス混合物
マサラMasala   スパイスの混合物
つまりは、辛味の強いものと、他のものを混ぜ合わせたスパイスの混合物だったのです。

f0118944_14204193.jpgでは、カレー粉はどうでしょう?
カレー粉も様々なスパイスを合わせた混合スパイスです。
(辛味) レッドペッパー、ブラックペッパー、
      ホワイトペッパー
(芳香) クミン、ナツメグ、シナモン、クローブ、キャラウェイ、コリアンダー、ベイリーフ、 ガーリック、ジンジャー、フェンネル
(着色) ターメリック、パプリカ、

等等た~~くさんのスパイスを混合させたものです。国内で生産されるカレー粉でもこのくらいは優に使用しているでしょう。そして、更に、インド、タイ、ベトナムなどはアジョワン、レモングラス、ガランガル等が加わってお国柄が出てきます。これこそが調合の妙ですね。

ガラムマサラの内容物は・・・シナモン、ナツメグ、クローブ、レッドペッパー、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、ジンジャー。作り手によって少々違いますが、特徴としては着色用のスパイスを使わない事です。




ポチっとな^^
料理注目度ランキング
f0118944_836788.gif
[PR]
by anton-recipes | 2007-01-08 14:33 | 料理 | Trackback | Comments(12)

クリスマスチャツネとは?

♪メリークリスマス♪

さて、暦の関係でイブにクリスマスを祝った(?信者の方々はイブにはミサに出席し、聖なるクリスマスを過ごされますね。)方々が殆どだったのでは? そして一夜明けた今日は家族そろってメリークリスマス♪、ママが朝からターキーを焼くって言うのが、古きよき時代のアメリカ映画に出てきました。

我が家でも去年はターキーでしたが、今年は・・・前出の如くスタッフィングをしたチキンです。
そのチキン、普通は皆様グレービーを焼汁から作ります。。。と言いたいですが、お作りになられた方はお分かりでしょうが、これが結構脂っこい、面倒くさい。海外ではクランベリーソースも一般的ですが、日本ではなかなか手に入りにくい。といって缶詰は使いたくない私は、クリスマスチャツネなるものを付けていただきます。
f0118944_1259714.jpg

このCristmas Chatnay なかなかの優れもので、スパイスいっぱい利かせ、7種類ほどの野菜やフルーツを入れて作るチャツネです。確か、英国さんレシピです。
これが、カマンベールチーズなど、もちろんモンデールチーズにも、合うのナンノ! 先だってレッスンにお見えのチーズの先生が「絶品」と賞賛されました。今、わたくしの周りでは、じわじわと広まりつつあります。 



にほんブログ村 料理ブログへ
ブログランキングに参加中、ポチッとしてくださると嬉しいです。
[PR]
by anton-recipes | 2006-12-25 13:06 | 料理 | Trackback | Comments(2)

女たちのクリスマス♪


社会人になったそのときから培ってきた友情。本当に長い間有難う。今年のクリスマスは、メンバー一人増えてのパーティーです。

f0118944_17231455.jpgピンクのシャンパンESTERLINは美しく女性たちの集まりにピッタリ。坂の下の酒屋さん貴方のチョイス冴えてました。〈実はとってもワインで有名なお店です。でも、、、私たちには地元の酒屋さん)
f0118944_17524429.jpg













f0118944_17404789.jpg グリーンマスタードをあしらったフルーツサラダは蓮・グリーント マト・ブロッコリーのピクルスに、大好きなカラマタオリーブをスティックにさして食べやすく! チコリとクラッカーはわきにそえたとくせいデュップで頂きます。






f0118944_186554.jpgこの季節限定のチーズモンデール。どうしても食べたくて、これに合う白のワインをリクエストして届いたのがこのワインSANCERRE。のむ前の瞬間、フルーティーな香りは鼻から一挙に広がります。こんなに薫り高いのは初めて。オードブルにフルーツサラダを持ってきたのも更に正解でした。
常温に戻しておいたモンデールはトロ~んとしてバケットをちぎりながら頂くのが一番。本当は最後にオーブンに入れて焼いていただくのが〆なのですが、メインが待っているので、本日は入り口だけです。とは言え、その美味しさに、次から次と手が伸び・・・マアよくいただきましたわ。
f0118944_18241369.jpg















f0118944_1834475.jpgそしてメインのスタッフド・チキンアントン風登場
ワインはロゼでも良いのかもしれないですが、ワイン好きの友人たちは赤が飲みたい。という事で、以前にも飲んだ無農薬無化学肥料で生産されたフランス・ロワール地方のシャトーラフネん~美味~*^^*

f0118944_18514749.jpg














f0118944_19184662.jpg鶏肉はガラを背開きで取り除いたあと、詰め物をして元の形に戻します。ですから、焼き上がりはホールチキン一羽で~す。 しかし、、、しかしです。皆さん♪チキン一羽テーブルで裁くと4人分にしかならないですよね。後にはガラが残るし・・・。それで私はガラは最初からとってしまい、出来上がったチキンはモモだけパッキンとはずして置けば、お好きな人のお口に入ります。胴体はお肉がきっちりつまっているのでスライスして、何人分にもなります。そして、何よりテーブルがスマート*^^*
そして付け合せは九州から届いたオレンジ色のサツマイモとメークインポテト。大根を中心にラタトゥユです。根菜があるとほっとしますね。

このあとケーキとミントティーで〆ました。
マア兎に角良く頂きました。飲んで食べて、おしゃべりして・・・大人の女のクリスマスでした。





にほんブログ村 料理ブログへ
ブログランキングに参加中、ポチッとしてくださると嬉しいです。
[PR]
by anton-recipes | 2006-12-24 19:37 | 料理 | Trackback | Comments(6)

季節限定のモンドールチーズをクリスマスのテーブルへ

去年はモンドールが出たころ一度集ったのが11月と思っていましたが、今写真を見ると、12月でした。テーブルに雪の結晶が見えたので、これは12月のお集まり。
今日もう一つMHPのお友達のところで、モンドールチーズが出ていたのを見て思い出しました。最後に残ったら、フォイルでふたをして、オーブンに入れて焼くと、また一味違う味わいです。クリスマスの夜。このチーズと美味しいワインがあれば・・・それはそれで、ステキなクリスマスの夜♪静かなクリスマスの夜♪
f0118944_24327.jpg




にほんブログ村 料理ブログへ
ブログランキングに参加中、ポチッとしてくれると嬉しいです。
[PR]
by anton-recipes | 2006-12-12 02:07 | 料理 | Trackback | Comments(6)

オードブルはこんな風にアレンジ

f0118944_14333670.jpg
私の大好きなはハムのつくり手、千秋さん。かっこいいお姉さんです。お店はいつでもきびきびと元気よく動きます。スタッフの方も大変感じが良いお店。ケーゼやシンケンつまりハムを中心に、売っていますが、見回せば美味しいパン(自家製)手ごろで美味しいワイン、マスタード。時としてスープや生パスタも。
そこで購入したハム類をこんな風にアレンジしました。バッケンさん

f0118944_1433489.jpg

上段は白い楕円のお皿。下はゴールドのリーフが散ったガラスの円形皿。どちらも同じ材料を並べ替えただけなのですが、ずいぶん印象が違います。

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by anton-recipes | 2006-12-10 14:36 | 料理 | Trackback | Comments(3)

チャングムの料理

チョ・チャプチェ
f0118944_1543269.jpg
第24話
お野菜たっぷりの和え物です。現在のチャプチェは春雨状の麺が入るようですがここでは下ごしらえしたたっぷりのお野菜をにんにく・しょうゆ・ごまなどで作ったタレをかけていただきます。

今ではこれはヘルシー食として我が家の定番。

(材料)
大根      6センチ  千切り
ニンジン    6センチ  千切り
もやし     大根と同量 芽・根除去
せり      3~4本   6センチカット
ナツメ     3個    細切り
ゆでた牛薄切り 60g    細切り

①根菜は塩で少し水を出しておく。
②なべに湯を沸かし根菜をさっとゆでた中にもやし、せりを入れて30秒くらいで ザルにあげて冷ます。
③肉・ナツメを加えて混ぜたれを掛けていただきます。


(たれ)
刻みねぎ   適宜
刻みにんにく 適宜
薄口醤油、酢・水・砂糖 同量
白いりゴマ  適宜
塩      少々
(本来はここに梨が入ります。)

★長さをそろえてカット
★ねぎは白長ネギ使用したほうが数倍美味しい。万能ねぎは味がありません。
★にんにくは是非生を使用してください。瓶入り使用するのなら無いほうが美味し いです。
★せりは必須。

肉について、
牛すね肉をしょうがなどいれて2時間位にてしようします。
ここでゆでた肉を少量、このお料理に融通させます。肉もスープも他の料理になります。カレー・シチュー・野菜スープそしてここでご紹介するマッチムも
[PR]
by anton-recipes | 2006-12-09 01:48 | 料理 | Trackback | Comments(0)

今年のクリスマス料理はどっちのローストチキンにしますか?

f0118944_1591674.jpg
ローストチキンも様々。そのまま焼いた物。これは巷で売られているタイプ。でも出来ればおなかにスタッフィングして焼くと、モイスチャーがかかって、美味! スタッフィングも様々で、ポテト を使ったスパイシーなエスニック調から、ひき肉を詰めたものまで。そして私の取って置きはワイルドライス入りです。実はこのワイルドライスは種類があって、やはり優良あるのですが・・・
f0118944_156227.jpgそしてもう一つは丸のママの鶏一羽背中から開きガラを取り除きガラの変わりにひき肉や卵ソーセージを配置よくいれて縫い直してかざりつけるもの。これは上級編、肉屋さんでも背開き?って聞き返されるので、これは自分でします。この写真は中が良く映っていないのですが、本当はもっと美しい。

[PR]
by anton-recipes | 2006-12-07 02:00 | 料理 | Trackback | Comments(4)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama