カテゴリ:料理( 249 )

お酒のおとも

お酒というかワインと言うか・・・フィンガーフードてきな・・・

えェ 酢橘使ったセビチェ
フルーツも2種入って
イカげそで作ってみた
紫ピーマンも入ってる
(あァ写らなんだ、残念!)
f0118944_2245363.jpg



なんと言っても



遠方より友
酢橘たずさえ来る
f0118944_22445952.jpg



ガラス器はらっきょう
こちら叔父作 甘酢のものとお醤油
f0118944_2245765.jpg

かぼちゃ野郎プッチーニ君
テーブルでまだまだ活躍中





にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2012-10-07 22:57 | 料理 | Trackback | Comments(0)

コリンキー どう使う?

f0118944_12204545.jpg

コリンキー
かぼちゃの仲間で
カタチは丸く
大きさは小ぶりかぼちゃ 
生食もできる位なので
庖丁も歯が立たないというほどの硬さではない

とりあえず半分にカット
f0118944_12203316.jpg


油で炒めてズッキーニなどのように食べるのが簡単
f0118944_12233977.jpg


発色良いこと、火のとおりが速いのは朝のスープに持って来い
と言うことで賽の目に切って浮き身しよう
折角の黄色が生えるようにと考えたのは
胡瓜のすり流し
胡瓜だけではちと青臭いのでダイコンで霙にして
とろみは葛を引きたい

が、糖質管理下で、アガーを代用
f0118944_12243330.jpg

キレイキレイ

そして冷めると固まるのでこんな風にサラダ仕立てにしてもよい
f0118944_12465058.jpg












にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2012-08-11 12:48 | 料理 | Trackback | Comments(0)

今度は50度のマジックで講習会

スタジオ外での講習も無事終了。
今度はantonが参加する勉強会(講師:星則光氏)

50度で野菜は肉を洗うと聞くと皆さんぎょっとする。
アラ不思議、本当に素材が光り輝く

今回は前回よりももっと凝縮させた内容だった。
ココ暫く購入→速攻冷蔵になりがちだった。
また、買い物→下処理→冷蔵保存これに戻そう。

50度洗浄後の保存は雑菌が取れているので、
鮮度の持続がすばらしいのだ。

いつだったか、温泉場で漬物にする野菜を
湧き出る温泉の湯で洗ってから漬けていた。
今思えばこれも理にかなう先人達の知恵

レタス・ほうれん草・もやしは勿論

バナナやトマト
f0118944_10504058.jpg


甘塩鮭の切り身にはじまって
f0118944_10503536.jpg


鯵の干物も
f0118944_10502536.jpg

こんなにお肌ぴかぴか
f0118944_10503197.jpg

酸化した脂
野菜や果物ではワックス或いは繊毛につく雑菌 農薬(水溶性)もとれて、
バナナは中で酵素の活性化が進み甘味を増す

あれやこれや良いことが沢山あるのですわ。
そして
時間が無いといっては「面倒くさい」が先に立つ
この怠け心が大敵なのかと・・・

さて、こちらは50度洗い後
今度は低温蒸し
これがまたすばらしい
色も歯応えも残してのスティーム加工
こちらは残念ながらやはり道具が必要
f0118944_10551140.jpg

低温で蒸しあがった野菜たちをみりん使った
砂糖無しの酢の物


上に散らした貝割れはさっき50度で洗浄したもの
f0118944_10504529.jpg

f0118944_19565531.jpg


農薬やワックスはこの50度で洗い流せる。強い見方ではありますが、
落とし穴もある
「ぬるま湯で」と書いたものを読んだ人
50度はぬるま湯ではないです。
下がりすぎは腐敗菌の繁殖を助ける温度。
上がりすぎは酵素が働かなくなることと、加熱処理と化す。
















にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2012-07-29 11:22 | 料理 | Trackback | Comments(0)

久々の煮豚 鬼の居ぬ間?

この鬼とは・・・だれ?
だれでしょ?!
はは~ん、今日はクライアントさんかな

試作評価が戻ってくるまでの束の間、煮豚
f0118944_17364381.jpg

あら!庖丁のあとが・・・
一気にカットしていないのがばればれ

とは、チョット余計なことで・・・
部位こそ違ってもこの煮豚が中華の雲白片肉・東坡肉
和食なら豚角煮のベースとなる

一緒に煮るのは茶葉
茶葉の選定にこだわりあり
と言うか、ココに技あり!
兎に角さっぱりサラサラ
ジューシー

取り除いた脂の多さに
その後のカロリー計算が楽しくなる
私のこだわり調理法。

美味しいのだぞ!

幕間ケーキとかスウィーツ作る?
お仕事アイテムスウィーツなので、やっぱり少し離れたいかな

今、お世話になっているお仕事、制約がすこぶる多い。
しかも、
スウィーツって、いまやファッションでしょ!
流行り廃りの世界
前回『良い』とされたもの『却下』されたもの
今回は逆転テなこともあり
気が許せない

以前スタジオミュージシャンの方との話しに
同様のこと言われた。
沢山の制約の中でその音楽を生かす
集中して、生み出されたとき、最高! ってね。
だから、クライアントさんからの要望って
それと戦う感じかな。

しかし
いずれにせよキッチンに立ってる私って?なに?
また、しばし・・・です。





にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2012-06-28 18:15 | 料理 | Trackback | Comments(0)

きれい人参♪ ポリフェノールもいっぱい♪

さすがに梅雨
朝からジトジト雨もうっとうしい
せめてキッチンの作業楽しくしたい

今朝はこんなカラフル ラタトゥユ
f0118944_18451447.jpg

ダイコン・玉ネギ・人参に
万願寺そえて
ちょっとジャポネなラタトゥユ
ポリフェノールいっぱいのニンジンさんに
ダイコンさんが・・・ホッペ染めます



いつもの日曜マルシェでこんなにカラフルな人参みつけた
f0118944_1845199.jpg

いつもながらベジフルさんの品揃えに拍手







にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2012-06-19 18:15 | 料理 | Trackback | Comments(0)

南の国からやってきた

大分湯布院から北西へ山一つ回ったところに塚原高原あり
送られてきたものは
クレソンと
f0118944_1465576.jpg


せり
f0118944_147116.jpg


自生していたクレソン
山間からの湧き水を整備してクレソン栽培を始めた
その塚原高原からの贈り物


第一日目はほとんど手を加えず
サラダ仕様で、クレソンのみ
タンドリーチキンとサラダ
f0118944_148858.jpg

f0118944_148470.jpg



そして冷たい魚介のパスタ
パスタのソースは魚介のマリネ液のみで作ります。
f0118944_148168.jpg
f0118944_1475735.jpg



もう一つの魚介パスタはガスパチョと合わせ技
こちらのクレソンはパスタのお湯にサッとくぐらせた
f0118944_1425349.jpg
f0118944_14253850.jpg










にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2012-06-10 14:35 | 料理 | Trackback | Comments(0)

塩麹で更に美味しく  コチジャン編


珍しく! ほんと~~に珍しく焼肉なんぞ!

東方神起の影響・・・では無いけれど、
コチジャンをいじっていた
そう
もう少し深みがほしくて・・・

市販のコチジャン ちょっと単純
韓国 本場にはもっと美味しいコチジャンが沢山

で、考えた
手っ取り早く美味しくするには?
今はやりの塩麹を混ぜてみては?


原材料は同じく麹
手作りコクのある麹を入れれば深みが出る筈


んっ!
ふっふ~ん!
生まれ変わった。
やっぱりコチジャンの味を左右するのは
麹の良し悪しかなァ~


1日漬け込んだ肉を焼いて
サムチョ・え胡麻を重ねた上に
肉とキムチをおいて、
くるんと丸めてお口へポン

オッテヨ?
f0118944_1722465.jpg





そうそう、
ここで使用したキムチ
12月に我が手で仕込んだキムチ
今年は最初から小口に切って漬けたバージョン。
醗酵が進み酸味あり。









にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2012-03-19 17:25 | 料理 | Trackback | Comments(0)

きれい キレ~イ♪ になれるかな?


f0118944_23172476.jpg

紫2種
アントシアニンとベタシアニン
アントシアニンは紫芋(青紫)
ベタシアニンはビーツ(赤紫)

共に抗酸化作用多し

血液もきれいにサラッサラ?
サラダカクテル
お野菜だけでなくチーズが隠し味
バランスよい食事してきれいになりましょ






にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2012-01-29 17:37 | 料理 | Trackback | Comments(0)

お雑煮 おぞうに♪


f0118944_143437.jpg



おめでとうございます
お正月をなかなか我が家で迎えられないantonです

これから一年健康で
「ありがとう」の笑顔とコトバを忘れず
日々暮らしたいですね。


新幹線に始まった本年です

満席の新幹線で傷まないか
チト心配
遠慮がちに詰めたお節は
二段のお弁当箱
黒豆・きんとん・田作りは簡易の別途容器
f0118944_018822.jpg


今日は姑と一緒に初詣
住吉神社はお初
破魔矢を手に超特急で帰京

本日夜から
我が家のお正月。

今年のお雑煮第一弾
f0118944_0303549.jpg

夫は高校の同窓会で香川のお雑煮が話題に!

かつて一度だけ作ったことがある
白味噌仕立て餡餅入りのお雑煮。
東京ではその餡餅が手に入らない。

ところが
今年はアンテナショップ見つけて
ついにゲット♪
私のお気に入り。

同じ四国でも
徳島はお澄ましに普通の丸餅
近くても異なる食文化













にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2012-01-03 00:45 | 料理 | Trackback | Comments(0)

目から鱗!こんな「田作り」があったとは・・・


目から鱗
田作り(ごまめ)はベイビー片口いわしに甘辛みつを絡めたもの
べとつかないよう作ることを旨とする
ところが、こんなもの見つけてしまった
f0118944_1834458.jpg

お砂糖を結晶させてくっつける。
サラサラパリパリでおいし~~~ィ
みかけ地味でもお味天下一品♪
次から次と手が伸びる
イッタイどこの地方のものであろうか?


田作りは一袋でも多い
それがネックで、最後まで買うこと逡巡
意を決して乾物屋さんへ行ったら売り切れ。
その代わりこの田作りを食べさせてもらった。
ご近所のおばあチャマが作られるという。
スーパーではこんな出会いはない
これが個人商店の良いところ。




そして、もう一品
f0118944_17451627.jpg

わが家のきんとんはだいぶ前から百合根仕様
ジネンジョのようなじわっとくるテイスト

本来金時は黄金色で意味をなす
白のままでは・・・
百合根は本日3時到着で
お出掛けお節には時間が無い
今年は白の中から小判(栗)を探していただこう














にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2011-12-30 18:46 | 料理 | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧