<   2007年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

夏季限定 ピーチパイ

夏季限定のお菓子も、その暑さには勝てず、なんと言ってもパイなので・・・
連日の猛暑が、少しおさまって、本日のお空はクラウディー

そこで、決心してその夏季限定パイ作ってみました。気取って言えば
タルト・オ・ペーシェ

f0118944_14531280.jpg
 

おっと、このところアメリカ・ウェスタンのフィールドにまで、(※)探し物。
ですから・・・とても、そんな気取った名前は付けられません。
アップルパイとか、ピーチパイ、
パイですパイ
まだまだ、続くアメリカです。

f0118944_14523986.jpg

お粉を入れたシロップを煮て、カットされた桃が入っています。
ワンバイトでとろ~~ん・・・。
通常アーモンドパウダーとかリッチに仕上げるところ、香り付けだけで、あくまでも白く。
このお菓子はY子さん(お菓子の先生)から譲り受けたレシピ。
去年はオリジナルで作り、今年はクリームを少し固めに仕上げてみました。



※探し物とは
shortening bread なるものの正体、出所を捜索中。
只今アメリカサイトをさ迷っております。
もう、プレスリーのおかげで、宿題がどんどん増えます。

[PR]
by anton-recipes | 2007-08-28 14:45 | タルト・パイ | Trackback | Comments(6)

FTDって? RCAじゃないの?

 

まるで浦島太郎。一体全体この30年何してた?
ここ暫く、ElvisとはYouTubeで会っていました。
おびただしい数の映像、しかも世界中から・・・
 マッ、それはエルヴィスだから。

PCが世の中に躍り出て、エルヴィスの世界も様変わり。
今のファンって簡単に何でも手に入っちゃうのですねェ。スゴイ!
物議をかもした、卑猥とさえ言われた、かのパフォーマンスも
今では映像集としてDVDですよ!
(でも、ぜ~~~んぜん!・・・この私も、昔はちょっとひいてたけれど、
今では、キャーッ!!!カッコいい!とさえ・・・ハイ、素直に思えます。)

歌も、あらゆるヴァージョンがある。。。
?ピアノ弾きながら・・・テープ回してたのね???
それって何? RCAがプライベートな物出します???

しかも会社はRCA とBMGがありFTD という???
晩年RCAに取って代わったのがBMGかしらん?
で、FTDは(言ってみれば)公式海賊版作るレーベルまであるのでした。
お~、Follow That Dreamねェ(出演映画の題名)
もう、びっくりです。ホント、世の中変わってました。


そして、嬉しいことに、亡くなってからも沢山のテープが見つかっているのでした。
今尚、ファンを喜ばせてくれるエンターテイナーです。
’70のエルヴィス・オン・ステージ Elvis:That's the Way It Is  も
カンサスの地下に16トラックものフィルムが眠っていたとか。
最近、デジタル化復元ミックスし直して、別物が出来ています。
Special Editionです。
YouTubeは楽しむには・・・ちょっとね。
買ってきました。(実は’68 Come Back時のTV映像も購入)

f0118944_111422.jpg

エルヴィス・オン・ステージ
没後30周年メモリアル・エディション
(2枚組)
ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B000QCU9EO
 



そうそう、米経済誌フォーブスの発表による故人世界長者番付
2001年から連続一位なんていうのもありました。
エルヴィスは、天国でも売れっ子ですねェ~。
おばあちゃんエンジェルに追いかけられてるのでしょうか!

ああ~これって、韓流スターの図。
若くして先に逝ってしまったのですもの
天国では年上ファンが待っていたことでしょう。
大丈夫? エルヴィス。
リップサーヴィスならぬキッスサービスをするエルヴィスだから
今頃閉口してるかも・・・

兎に角、永年エルヴィスから離れていたツケで、
ただ今CD,DVD探しに、アップアップの私です。

[PR]
by anton-recipes | 2007-08-25 11:06 | Entertaining(Artist) | Trackback | Comments(4)

プルーン・ブレッドのポーク・チャップサンド

まだまだ続くエルヴィス熱
という事で・・・
アメリカのふる~~~いレシピを引っ張り出して、
今日焼いたのが、PRUNE BREAD

プルーンブレッド、やはり重曹の力を借りて膨らますパン
というかケーキ様のパン
レシピ通りでは重曹がナンとt3(9g)、???
粉の4%にあたる。
私は重曹の匂いに弱いので、普段なるべくお世話にならないレシピで作ります。
しかし・・・このレシピ粉に対して卵も少ない、バターもなし。
つまり、膨らませるすでは重曹しかなさそう。
で極限までリデュースしてつくってみました~・

なんて考えながら作業進めていたら、ベーキングパウダーに入れ替わって・・・
あ~ァ~もう一度やりなおしかも・・・

f0118944_17191663.jpg

ま、そんなこんなで焼きあがったプルーンのパンです。
で、もともと豚肉やナッツと相性のよいプルーンですから、
ポークチャップをサンドしてみたわけです。

[PR]
by anton-recipes | 2007-08-24 17:22 | その他スウィーツ | Trackback | Comments(0)

バナナブレッド

バナナブレッド
卵・バターを使用するスウィーツタイプです。
ですが・・・バナナピューレをなるべく沢山入れて、
薫り高いバナナの持ち味を生かしたレシピです。

エルビスはバナナが好きでした。
バナナサンドが好物などと書いてあった記憶も、、

バナナサンド??? 単にクリームにあえてサンドにしていたのかもしれませんが、

バナナブレッドも当時からあった筈。
重曹入りフルーツパンということからも
もともとは、この※バナナブレッド、アメリカのレシピのような気がします。

f0118944_13124470.jpg



古きよき時代のアメリカにはマフィンなど、重曹の力を借りて、
誰でも簡単に焼けるケーキを各家庭で焼いていたはず。
ロックンロールがはやった頃、アメリカのスマートな電化生活も紹介された筈。

休日開けの朝、薄くスライスしたものをトーストし、ピクルス添えて頂きます。

f0118944_1313051.jpg



※ エルヴィスの好きだったバナナサンドは何と
ピーナッツバター・バナナサンド
つまり、あの、アメリカ人大好きなピーナッツバタークリームをベタッと塗ったところに、スライスしたバナナを挟んだサンドウィッチでした。恐るべきはこのアメリカ人の食生活!!!
[PR]
by anton-recipes | 2007-08-20 13:14 | 焼き菓子 | Trackback | Comments(3)

花火

久しぶりに夫婦揃ってテーブルにつくと
ぼんぼん・ぼん・ぼんぼん・・・
今年も花火の打ち上げ、始まり始まり~。
我が家はちょっと小高い位置にあって、
毎年玉川の花火が良く見える。

今年は1時間ものあいだ充分堪能。
こんなに楽しめた花火は初めてか。
例年は音はすれど、上がる花火の高度が低いのか
手前にある木立に阻まれて、全様は見えず。
そんな事もままあり、、、

しかし、今年は真正面・高い位置に全開。
花火の形態が変わったか?はたまた
高く上がる大きな花火が数多かったか?
楊柳の花火、
矢車草の花びらをかたどったもの、
2色で夜空に放され一瞬後
パッと光を放つ花火、

美しい日本の花火でした

嬉しい事に今年は、数日前から
花火の打ち上げ日は今日だと気付く事ができたからか、
いつに無く夕方を楽しみに、
一日が過ぎていったような気がする。

 

[PR]
by anton-recipes | 2007-08-18 21:17 | 日々 | Trackback | Comments(0)

ELVIS と共に・・・

エルヴィス 21歳の肖像 に続き
16日(1977年のこの日没) ベスト・ヒッツ・イン・ジャパンが発売された。
何十年ぶりだろうか・・・
ず~っと手元にあった彼のレコードコレクションは(ほぼ全部そろっていた)
ある時、手放した。
私の周りからエルヴィスの痕跡はすべてなくなっていた。
そして、今、また聴きたくなって手に入れたCD
数ある曲から選りすぐられたものばかり。
聴きたいものだけが詰まったCD。


今日も暑い太陽がジリジリ照りつける。
部屋の中、エルヴィスの優しいビブラートの利いた歌声と
ベルカント唱法の量感ある太い声とのコンビネーション。
バラード、そしてゴスペルがまた良い。


f0118944_13255535.jpgエルヴィス~ベスト・ヒッツ・イン・ジャパン
エルヴィス・プレスリー / / BMG JAPAN
ISBN : B000RE60X0

 1.ハートブレイクホテル
 2.アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー
 3.ハウンド・ドッグ
 4.冷たくしないで
 5.ラヴ・ミー・テンダー
 6.監獄ロック
 7.思い出の指輪
 8.イッツ・ナウ・オア・ネヴァー
 9.今夜は一人かい?
10.G.I.ブルース
11.サレンダー
12.クライング・イン・ザ・チャペル
13.ブルー・ハワイ
14.好きにならずにいられない
15.夢の渚
16.サスピション
17.心の届かぬラブレター
18.悲しき悪魔
19.ラスベガス万歳
20.君は僕のもの
21.去りし君へのバラード
22.明日に架ける橋
23.この胸のときめきを
24.知りたくないの
25.アメリカの祈り
26.オールウェイズ・オン・マイ・マインド
27.マイ・ボーイ
28.マイ・ウェイ
29.ブルー・クリスマス


私のお気に入り
2.アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー(初期=の歌の中             で一番好きかも・・・独特なテクニック)
11.サレンダー(中期=高音から下がるところのにくいテクに心うっとり美しいメロディー)
12.クライング・イン・ザ・チャペル( 中期=独特の高音ビブラートも効いて、彼の醍醐味ゴスペル調)
21.去りし君へのバラード(中期を経て、不死鳥のように甦って、たくましくなったエルビス。でもその7年後には私達を置いて、旅立って行ってしまったのよね。)
25.アメリカの祈り(晩年はバックも大掛かりで、歌い上げていく唱法全開でカ             ッコイイの・・それぞれ人生絡んで甲乙つけがたい中、アメリカの申し子と             いうところでこの曲)
          
[PR]
by anton-recipes | 2007-08-17 13:19 | Entertaining(Artist) | Trackback | Comments(2)

ELVIS・・・

昨日持ち帰ったELVIS PRESLEY 21 Years old
朝からここにある。
『プレスリー』そのデビューは幼すぎてみてはいないが・・・
60年代 洋楽にどっぷりつかっていたそのきっかけになった歌手。

その彼、没後30周年になって、写真集が出た。
そしてまんまと写真集に引っかかってしまったわ。
有名になってから撮られる写真は数々あるが、まだまだ無名、
「21歳」今これから飛び立とう、その直前の若い素朴な彼がいる。
カメラマンは与えられた仕事をラッキーと思い、1週間の密着で、
あらゆるショットを収めた。
このとき、この被写体が、直後、世界中を相手取り、
砂塵を巻き上げながら短い生涯を閉じて行くなど、誰も知らない。
そんな中で撮られた、貴重なショットのかずかず。


f0118944_18281669.jpg

エルヴィス・プレスリー21歳の肖像
青志社
ISBN : 4903853098


朝から今日も暑い。
彼の写真集を傍らにおいて、ケーキを焼いている。
こんな時どんなケーキがいいかなァ~・・・

f0118944_1882413.jpg


そうだ、無花果。
無花果って懐かしい、家の庭の隅っこにあった・・・かしらん。
主役ではなく裏手にあった。
今ではお店で売られているけれど、
あの頃は売ってなんて・・・いなかった。


f0118944_1835819.jpg

その無花果でケーキを焼こう。
ピューレとドライ無花果両方を使用する。
実はピューレを使用すると
生地が安定せず結構緊張~。
そのままの方が素朴な味わいがあったのかもしれないが、
上掛けのアングレーズソースはお土産に
わざわざつけられないので、
ケーキに閉じ込めることにして・・・
こんな風になりました。

プレスリーに思いを馳せながら焼いたケーキ・・・

[PR]
by anton-recipes | 2007-08-15 18:16 | Entertaining(Artist) | Trackback | Comments(2)

お盆なのに・・・

暑い・暑い・暑いです~~~w。
でそんな中、気が狂ったか、ケーキを焼いています。

今年は、いろんな方との出会いが多い年。
特に年上の方との出会いが多い。

あのタイフーン姉様がトルストイの本を出版したその瞬間流れが変わった。
自費出版と思っていたら、チャッカリ企画出版という事で、
で、で、どうする? 売らねば・・・???
し、素人の私達!
この本の出版あたって、様々なご協力を下さった阿部プロデューサー
あら?お名前出してよかった?かしら。
阿部さんは、超アナログでいらっしゃるので、このブログがお目に留まることはない。
でも、好むと好まざるに関係なくお名前はあっちコチに・・・

そのセールスを目的で、先日は某協会の季刊冊子の
新刊コーナーに推薦していただくことになりました。
原稿準備しながらも、お仕事を離れて、頻繁にメールのやり取りしている私達って、
なんでしょう?未だお会いしておりません。そんな出会いも・・・



f0118944_1734490.jpg

さっきから焼いていたケーキは前出
ライム・パウンドケーキ
本日は、酸味を利かせています。

これは、お盆のさなか
お国に帰らず一生懸命お仕事なさる
某氏へお届けです。


[PR]
by anton-recipes | 2007-08-13 17:22 | 焼き菓子 | Trackback | Comments(2)

夏野菜のゆずぜりー寄せ

オットゥケー! こんな筈ではなかったわ。

朝から東方神起をYoutubeでさがして、聴きながらの作業でした。
で、ついハングルが出てしまい・・・(と言っても、歌は殆ど日本語。
会話はと~~~っても上手な日本語にシウォン君もびっくり!、 
やはり30過ぎてからの語学は辛いかも、何しろトンバン君たちは一回りは年下)

話がそれて・・・モトイ(基)

先般、ご近所様のおば様に 『万能ゆず酢』 なるものを頂き
ドレッシングに先ず使用しておりました。
で、500ml 瓶賞味期限今月下旬、となると
早く使い切りたい。

そこで考えたのが、タピオカなどとミックス使用のゼリー
計量して味見をすると・・・んん???  なんと調味料の味がする。
原材料を見れば、ゆず酢、醤油、塩、砂糖、調味料 と書いてあるではないですか!
確かに、『万能』とも書いてありましたわ。

私の頭の中は既に、スウィート・ゼリー、シンプルな甘みです。
なのになのに、これは違う!

f0118944_1738155.jpgf0118944_17382743.jpg







で、捨てるわけに行かず、取敢えずキュウリ・トマト・枝豆でゼリー寄せにへんし~ん

[PR]
by anton-recipes | 2007-08-11 17:51 | 料理 | Trackback | Comments(4)

サゴゼリー(タピオカゼリー)




最近シンガポールに捉まっている。
もちろん、かつて、住んだ国なので、縁はあります。
「トルストイ・・・」の著者にも捉まっているし。

まっ、夏になるとどういうわけかシンガポールも懐かしく
私の作るトロピカルスウィーツはシンガポールスタイルにこだわる・・・

大好きなマンゴープリンは、生クリームでなくエバクリームが欠かせない。
ゼリーはゼラチンでなくアガーにこだわりあり!
そして、タピオカもSAGO(サゴ)と呼びたい。

今日のデザート

簡単トロピカルゼリーです。
火を入れたタピオカはそのまま冷やせばモチモチぷるんぷるん。
甘いココナツミルク併せて固めました。
中身はもちろんカットマンゴー。

f0118944_17535821.jpg

[PR]
by anton-recipes | 2007-08-10 17:56 | その他スウィーツ | Trackback | Comments(2)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧