<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

There's always Me



懐かしい曲を見つけたので、思わず♪

[PR]
by anton-recipes | 2008-02-28 10:31 | Entertaining(Artist) | Comments(0)

タジンな スープは アジアン 

タジンの変身はまだまだ続く
タジン鍋の下ごしらえで牛すね肉を茹でた
つまり極上の牛スープが取れている

週末の会食で出会ったトムガーカイ
「これを作りたい」ただ、ベースになるスープは鶏なので、
名前はちがうな~と思いながら

「ジンジャー、レモングラス、レッドチリ コリアンダー・・・よしよし
そして~ 砂糖、ココナツミルクにレモン、塩・・・???

あっ! そうだ、レモンの塩漬けがいい。ちょっとひなびた味が
スープに合う合う!」


レモンの塩漬けはタジンを多用するにあたって常備するようになった
まあ、こんな具合にスパイス類はどんどんクリアしていった。
いったのが・・・最後につまずいた!

「ガランガル?  これは  無い!
ガランガル、ガランガル、単体でどんな香りと味?antonの認識外
トムガーカイのカイはこれを指す?不確かですが・・・)」
さてと、どうしたものか? ジンジャーの仲間だし・・・粉末カルダモンで
ほんの少し甘さとタンジーな感じを加えちゃえ!

具材はフクロダケ。タイカレーや中華でも良く使います
缶詰は中国産。疑うことなく今まで利用していたのに、
なんだか、ちょっと気が進まないのでマッシュルームで代用

まあこんな過程をを経てanton風トムガーカイの完成!
最後の味調整で活躍したのは、コリアンダー
生のトッピングではなく、粉末コリアンダー
ふ~

今朝夫の口に入ったこのスープ、温めなおしたので、ココナッツミルクが
酸と反応して凝固しはじめて・・・美しくないの。

f0118944_11371995.jpg

[PR]
by anton-recipes | 2008-02-27 11:49 | 料理 | Comments(2)

タジン で タルト

先日作ったタジン、連日のサイドディッシュに活躍後、
こんな形にヘンカーン

f0118944_9295268.jpg



切り口はこんな感じ

f0118944_931718.jpg


中途半端に残った最後はフードプロセッサーで
ガ======ッ
洋風卵焼きとでも申しましょうか、キッシュの要領で、
中身は野菜。
見た目より食感はず~っとかるい。べジタリアンもOK

[PR]
by anton-recipes | 2008-02-26 09:39 | 料理 | Trackback(1) | Comments(0)

アカデミーと共に懐かしさをひもとく

本日朝からアカデミー賞受賞セレモニー
この様子をテレビで流しながら
レシピ書いていました
佳境になると懐かしい映画の数々
思い出も映画のシーンと共に
フラッシュバック
[PR]
by anton-recipes | 2008-02-25 17:57 | Entertaining(Artist) | Trackback | Comments(0)

タジン鍋使わずタジン鍋を作る?

タジン鍋持たない方用に工夫を重ねる
土鍋や厚手ステンレス鍋でも作ることは出来る
素材の甘みを引き出すには低温で長時間かけじっくり火を通していく
そのための工夫を重ねる事で、甘み、旨みを引き出せる
しかしたった一つ違うのは、
タジン鍋はそのままテーブルに出す事を前提で作られたお鍋と言うこと
♪オシャレ♪

日本のお鍋は冬に代表される
しかし、タジン鍋はお野菜たっぷり美味しくいただく良い方法
年間通して利用したい
野菜の組み合わせ、
欠かせないスパイス、
凝縮された旨みとヘルシーなこのお鍋
3月にまたレッスン・・・

f0118944_11131268.jpg


[PR]
by anton-recipes | 2008-02-24 11:23 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ツナのアスピック

f0118944_10562636.jpg

昨日ツナのパテ???いえいえ

ツナのアスピックを作ったお残りで

本日の朝食。



夫”スパイシーキャロットケーキ”を手土産に実家に行きます。

アッ、今日はお仕事ですよ! お仕事終えて、実家へ向かいます。



で、昨日のオードブル、今朝食べさせないと、大量残るので、

無理やり、朝から食べてもらいました。



パンケーキはご存知最近のお気に入り。

これも、その時に応じて変えますが

今日のはヨーグルトやクリーム入りで、リッチ。

したがって、このサイズがよろしい。



奥にあるのが大根(冷えたままの写真で色悪し)

タジン鍋で大量生産(笑) あま~~~い!



サラダは菜の花入り

菜の花はフライパンで、ノンオイルで焼くと美味しい。

昨日固ゆでした菜の花はフライパンでBaked Nanohana。






ちょっと考えました。
明日は友人が近所まで、家を下見にきます。
2件見終わったら、我が家で、このオードブルにピザでも焼いて、
ワインあれば、ご機嫌じゃないの!
オット・・・不在だもん
おんな二人で語らうのも良いかも~

[PR]
by anton-recipes | 2008-02-22 10:50 | 料理 | Trackback | Comments(0)

キャロットケーキ

お食事の後、ちょっと欲しくなる甘み
最近はまっているのが
キャロットケーキ
ジンジャーのコンフィを作ってたっぷり刻み入れる
スパイス大好きなantonは
メース、カルダモン、クローブ
沢山振り入れる
数種入れると芳しく香り立つ
そして、和らぐ


f0118944_9221189.jpg


同じレシピで、アメリカ製の型で焼いてみた。
熱伝導が良すぎて、思ったようにしっとりいかない
結局昔ながらの型で焼くと火の回りが優しい

[PR]
by anton-recipes | 2008-02-17 09:25 | 焼き菓子 | Trackback | Comments(1)

ヴァレンタインは幾重にも重なる花びらケーキ あなたの想い?


エルヴィスに送るバラのケーキ
いろいろイメージをふっくらませてはいたものの
どうもこのシーズンにしっくり来ない
と言うことで、
出来上がったバラは暫し温存です。


f0118944_1258441.jpg


それで考えたのがこのクレープケーキ
ちょっとセンチメンタルなヴァレンタインケーキ

薄いクレープを何枚も重ねた花びらが
’想い’を表しているような

さて、これらのケーキと~っても簡単
クレープを焼いて、チョコレートのガナッシュを間に挟みます。
私はそのとき自家製オレンジピールとコアントローを使用。
いただくときにはフレッシュから作ったオレンジソースをかけてね!

f0118944_12594179.jpg


これは完全にアレンジが勝負。
そして、こういうのがデザートスウィーツです♪

つまり

あなたの為に!作るケーキ。

[PR]
by anton-recipes | 2008-02-15 00:59 | その他スウィーツ | Trackback | Comments(1)

『落穂の天使---人はなんで生きるか』 刊行されました

ここではタイフーン姉様と称して、現れるふみ子デイヴィス。
トルストイに魅せられたふみ子の3冊目の本です。

f0118944_22332225.jpg


レフ・トルストイ/N・トルスタヤ絵/ふみ子・デイヴィス訳
「落穂の天使  人はなんで生きるか」
未知谷


私達の知るトルストイは『戦争と平和』『アンナカレーニナ』など
長編著者であり文豪としてでしょう。

しかし、思想家でもある彼が最後に行き着いたところは
民話形式でつづられる「人は何で生きるか」でした。

この民話を、今回姉様が郷里のことば博多弁でつづりました。
素朴なロシアの民の豊かなこころ模様を・・・
名づけて『落穂の天使』

落穂の天使では、12枚の挿絵を
トルストイの玄孫ナターリア・トルスタヤが担当してくれました。

ナターリアに触れますと、
曾々祖父トルストイの芸術性を現代アートに見事に開花させた、
ロシア現代美術界に限らず、北欧、ヨーロッパにおいても
高く評価される女流画家なんです。

そして、ふみ子にとってはこのナターリアとの出会いが、執筆活動へと
誘ったわけで、二人の信頼関係は固く、
シンガポールにおいても、何度か個展が開催されました。

しかし・・・日本において披露目はまだです。。。

そこで、です。今回の出版記念は
ナターリア中心にしたいなと思うわけです。

彼女の作品はシンプルでしかも大変力強い。
そして何と言っても品格があります。(ここが大切)
そんな彼女の作品を何とか皆様に知っていただきたい思って、
anton只今奔走中でございます。

アッ、そうそう、カバーで隠れていますが、
金糸織り成す装丁はうつくし~~~く、元気もらえます。
読んでは心優しくなれて、プレゼントに良いと思います(*^^*)

『落穂の天使』皆さん宜しくね~♪


以上お知らせでした。

 

[PR]
by anton-recipes | 2008-02-13 22:29 | 日々 | Trackback | Comments(0)

ミートパイでブランチ

久しぶりにミートパイを焼きました。
パイ皮は市販のパイシートといいたいところ
しかし油脂が多くて、好ましくない。
バター少なめにしたオリジナルパイ生地使用

中身は牛肉の切り落としを使う。
我が家のお肉屋さんは商店街のお肉屋さん
トレイにあまり並べず、相談に応じて出してくれるので、
嬉しい
スーパーのお肉と違って、出所もしっかり!はっきり!
お値段大変リーズナブル
信頼関係で成り立つお店

こんなお店がどんどん減っていく
大好きだった八百屋さんも1年前に無くなってしまった。



そして、昨日作ったミートパイがコチラ
アントンのミートパイは中身にちょっとした工夫がありま~す。

f0118944_1353562.jpg



そして
今日は土曜日なので、ブランチに♪

f0118944_12435663.jpg




付け合せはスパイシーポテトとクレソンベースのサラダ

f0118944_1340547.jpg



ポテトは多めに作っているのに・・・
すぐ、無くなる。。。



f0118944_13402615.jpg
クレソン、
カラマタオリーブ、
トマト、りんごのサラダ
(あら りんごが
見えない!)



パイの生地はいろいろ
お菓子にはパリ感がほしい!
でも、ミートパイなどはバターが多いと食べ過ぎ感が残るので
粉を多めに作ります。

その方が、お食事って感じです。

[PR]
by anton-recipes | 2008-02-09 12:59 | 料理 | Trackback | Comments(3)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧