<   2016年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こい~~ィ1日


本日は久し振りおひとりさまの夕食
f0118944_20582847.jpg

本を眺めていたらカレーペーストが目に入って
先日作ってみた。
スパイスを何種も重ねて作り上げるペーストは深みがあって大好き
普段からクスクス用のスパイス
タンドリーのスパイス
この2種は数回分ずつ轢いておく
カレーペーストは味を少し変えて仲間入りしそう。



そのペーストを使ってスティックサモサ
f0118944_20584574.jpg
ポテト・塩麹たれ・塩レモン・カレーペースト・いんげん・ミンスミート・豚ひき肉(保存品)・春巻きの皮
材料はこんなものでしょうか。
私はポテトを蒸しますが、即席マッシュポテトも可ですよね!
お肉はひき肉使うとき、
少量取り置きこれをお酒と醤油でパラパラに炒めて保存しておくと便利。




タンドリーチキン
f0118944_20584998.jpg
そして前出のタンドリースパイスをヨーグルトなどと混ぜて鶏肉を味付けしておきます。




付け合わせのサラダ
f0118944_20585567.jpg
え~っと、実はこれジャーサラダです。
一瓶二人分作るので一人分だけ取り出してお皿へ盛り付けました。


本日の独りぼっち夕食でした~~~。

それで、何が濃い~~~ィ一日かというと
朝から従弟嫁さんと待ち合わせ
いざ!早稲田まで!
f0118944_20570345.jpg

f0118944_20570709.jpg
今日は休日か? 松の内? と見まがうほどの人出
今日は1月27日水曜日
此処は早稲田の「穴八幡宮」。
本来冬至の日に伺いたい処
年明けて漸く滑り込みセーフ
「一陽来復」のお札は節分迄いただけるのです。
この間こちらの八幡様は毎日こんな人出だそう。

f0118944_22203602.jpg




まずは午前中のお参りを済ませお昼。
お昼はまた、恵比寿まで走った!
ハイナンスチキン
(最近ようやく日の目を見たシンガポール風チキンライス)
海外経験ない嫁に食べさせたかった一品で
久し振りにシンガポール満喫
なつかしいわい。


さて、次なる目的地は?
山種美術館
此処は日本画が良い


ゆかいな若冲・めでたい大観 ―HAPPYな日本美術―

心に響くは若冲水墨画の墨色
ああやっぱり今日ここに来てよかった
と・・・


従姉嫁は年が結構下なのだが、
なぜか馬が合う
時々お外へ引っ張り出して
深呼吸。
元気でいてね。












[PR]
by anton-recipes | 2016-01-27 22:23 | 料理 | Trackback | Comments(0)

マスタード ただいま熟成中

週末いかがお過ごしでしたか?

晴れの国は氷点下で温暖な筈の瀬戸内地方

寒かったです!!! 超!チョ~~~~寒かった。

おかげで帰京時の飛行機が飛ぶのかどうか・・・

大層振り回されました。

心配を他所に無事予約便で帰ることができました。



で、昨晩はスパイス引き出しに何やら古いマスタードシード見つけ

早く使ってやらねばとマスタードを仕込んでみたのです。




水とワインで膨潤させている

f0118944_12272731.jpg




此処で半量擂り潰す。
お味も修正
少し甘味が欲しいのでフルーツのビネガーと
リンゴの皮のみじん切りも混ぜ混ぜ。。。
リンゴはね、
レシピではりんご酢を使います。
リンゴ酢が切れていたので本物りんごの皮で香りづけ。
そして、リンゴの皮は発酵上手なので助けてもらおうと思うのですよ。
f0118944_12273114.jpg

これでしばらく熟成させてみます。



[PR]
by anton-recipes | 2016-01-26 12:33 | 保存食 | Trackback | Comments(0)

ローストビーフ炊飯器ヘン   

炊飯器でローストビーフを作りたくも我が家に炊飯器無し❕
暮れのお肉を真空パック後冷凍。
そして今回の旅のお供。
解凍しながらの旅路。

夜にタレにマリネ。朝起きてすぐに表面焼いて炊飯器で一時間保温して出来上がる。

f0118944_18394961.jpg



f0118944_18394670.jpg

お皿の上に乗った二種類のパン
平たく焼いたのはお家から計量してきたもの。
フライバンで焼きました。
艶のあるほうはトルコのパン。飛行機搭乗前羽田で見つけてしまった。

色々書きたいのだが、スマホ苦手なアントンなんですよねぇ。
これ以上続けて誤って消してしまう前に本日はバイバイ👋😍💋

[PR]
by anton-recipes | 2016-01-23 16:40 | 料理 | Trackback | Comments(0)

フルーツ&ヨーグルトムース デザート版


お出かけ前の冷蔵庫のお掃除ですお掃除

苺があるのをすっかり忘れて、マンゴーを購入。

手元にあるキウィと苺でフルーツカクテルを夕食時に作った。

今朝もヨーグルトに入れて…と思ったら

苺や牛乳など少量ずつ目に入った。

お出かけ前に固めて置けば持って行けるから…

と、朝食作りながらごそごそデザート作った。


f0118944_11021824.jpg





今回のリキュールはキルッシュ
いただくときに僅かママレードを載せたら
より美味・美味

f0118944_11020294.jpg



お運び用はカップに入れて
この後ナパージュね
f0118944_11202729.jpg




[PR]
by anton-recipes | 2016-01-21 11:27 | 冷菓 | Trackback | Comments(0)

引き続きAPPLEなおうちおやつ  レシピ追記

今日のおうちおやつ

アップルタルト

いつものアップルタルト

生地はアップル用につかるフォンセにキャラウェイを混ぜ混ぜして香りづけ

アパレイユなしでスライスしたアップルを並べてシナモンシュガーをパラパラと

あっそうだ!メープルシュガーがあったのだわ!

f0118944_17411134.jpg




200度で35分しっかり焼いてアプリコットジャムでナパージュ。

f0118944_19343187.jpg



使用したカルバドスVSOP

これが良い!

今一番のお気に入り

f0118944_17501094.jpg

いつもいつもデザートは作れない

皮をむいただけのフルーツでは物足りないので食事を作っている最中に

皮をむいたフルーツをガラス容器に並べ

上からリキュール―をかけて冷やしておく

これだけでフルーツは格段においしくなるの。

主に使用するリキュールは

キルッシュ・カルバドス・ラタフィア

だんだんお酒も格が上がっていく事実もある。



*******************************

以下追記

リンゴのタルト用フォンセ
(材料)径16~18㎝ × 3台分
バター(常温) ・・・125g
粉糖・・・・・・・・25g
全卵(常温)・・・・1/2個
水・・・・・・・・・25g
塩・・・・・・・・・2.5g(1dash)
薄力粉・・・・・・・125g
強力粉・・・・・・・125g
(キャラウェイ・アニス・シナモン・胡麻・ココナツファインなどは皮自体の香りづけに使える)

(作り方)
①バターを白くクリーミーになるまで擦ってから粉糖を混ぜながら更に擦る。
②水と一緒にといた卵を2回くらいに分けて①に刷り込む。
③2種の粉はボールに入れて泡だて器でよく混ぜて空気を入れておく。(香辛料はこの時点で混ぜて置く)
④2のボールに粉を一度に入れてゴムベラで天地を変え乍らサクッと混ぜる。粉っぽさが残っているくらいでラップに包み、
半日~1日冷蔵保管する。此処で捏ねすぎるとサクッとした台ができない。粉が残っていても、寝かしている間になじむ。


シンプルなリンゴのタルトはアパレイユ無しでつくります。
タルトやパイ皿がなくても生地を伸ばしたままでも作れます。
使用したタルト型16センチ径
(材料)
フォンセ・・・・・・・130g
紅玉りんご・・・・・・1個
グラニュー糖・・・・・大匙1
シナモンP・・・・・・小匙1/2
アプリコットジャム・・大匙3

(作り方)
①上記で作ったフォンセは1/3量強とって麺棒で伸ばし型に敷き込む。
②リンゴは4半分を5・6枚に櫛形スライスして型の中に放射状に敷き詰め、上からシナモンシュガーを振りかける。
③200度のオーブンで35分焼く。






[PR]
by anton-recipes | 2016-01-18 18:00 | タルト・パイ | Trackback | Comments(0)

今日のおやつ

今日のおやつはアップルロール
アップルと一緒に入れるレーズンはもちろんミンスミート

いつも御世話になるベジフル八百屋のお姉さん
寒い中マルシェに立ってるの

小腹がすいたころお腹の足しに持っていこうと
さっき焼きあがった



f0118944_13262973.jpg









[PR]
by anton-recipes | 2016-01-17 13:23 | パン | Trackback | Comments(0)

塩レモンとか フルブラ?とか


塩レモン用に戴いた大量レモン5キロ
あまりの大量ゆえ1キロほど残した。
そして他に戴いたマイヤーレモンが数個
何を作ろう・・・?

そう今フルブラがはやっている
ブランデーはそのものの香りが強いので
ウォッカで漬ける。

皮をむいたもの・そのままのものいくつか作ってみた。
皮つきは一日にして香りも付くが苦みも大層なものだ。




右から金蓋 皮なし・砂糖なし
黒蓋剥いた皮・砂糖なし
左 まる三日後引き上げたかわをFPで粉砕後金柑を煮たシロップに浸けたもの
f0118944_11154934.jpg




香りづけに時間がかかるが苦みもなくこれが一番おいしい
f0118944_11150525.jpg



金柑のシロップが瓶に入りきらなかったのでこちらへ融通
レンジに40秒かけてなじませる
f0118944_11150892.jpg


以上はメイヤーレモン1個で作った分



そして、塩レモン用のレモンはこちら
f0118944_11363890.jpg
結局、少量の氷砂糖を入れて残ったレモンを櫛状にナイフを入れてなみなみウォッカを注いで3日間
途中で皮つき故苦いのに気づくもすでに遅し
三日で身を引き上げた物が左
その身は種を除き10%塩分になるよう塩を加えてFPでつぶし
最後の塩レモンとなった。

塩レモン 私はこのブログではコンフィと呼んで昔から作っていましたが、
ヨーロッパで作られる方法は料理の時に包丁で切ったりひと手間あるので
漬けこんで実が柔らかくなった時にペーストにしてしまいます。
塩レモンの塩分はいつも10%くらいにとどめています。
世の中に出回っているレシピって不必要に塩を使っているとおもう。










[PR]
by anton-recipes | 2016-01-15 11:45 | 保存食 | Trackback | Comments(0)

も一つアップルパイ

やっぱりパイとかタルトとか
すきだな~010.gif

コツさえつかめば
練りパイでもこんなにサクサク感がでます。

f0118944_20175273.jpg

パイ生地
薄力粉・・・・・・100g
強力粉・・・・・・100g
無塩バター・・・・120g
牛乳・・・・・・・100㎖
塩・・・・・・・・一つまみ

上記パイ生地を250~270g
紅玉りんご1個16等分にカットして軽く煮たもの
アーモンドクリーム45g
焼き温度230度 25分



f0118944_20180628.jpg









[PR]
by anton-recipes | 2016-01-14 20:39 | タルト・パイ | Trackback | Comments(0)

ローストチキンからお惣菜チキンパイへ



朝はいつもの実だくさんsoup

f0118944_10204507.jpg




僅かな蛋白質か食べることのできないご仁用に
スモークサーモンと数の子を散らす
f0118944_10204391.jpg




お惣菜パイはローストチキンのお残り
先日頂いた赤ワインを朝から開けて(笑)
sauce用ね
f0118944_10204704.jpg





ローストチキンはいつも食べきれない分は冷凍庫へ
年が明けてお惣菜パイに使用。

今年のチキンパイはこんな長細いものになった
皮はパートブリゼよりフィユタ―ジュに近い即席パイ
バートブリゼよりふんわり。

上塗り卵黄はタンパク軽減のためにカット。
小麦粉・鶏肉・卵
蛋白質が計上される食材ばかりなので一食につき
ほんの一口
f0118944_10204060.jpg
発酵無塩バター85g・強力粉80g・薄力粉80g・水80ml(本当は塩見が欲しいところ我慢)









[PR]
by anton-recipes | 2016-01-10 10:46 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ワクワクねりきり kawaii



今日はねりきり
デコ和菓子のお稽古。
只今特訓中。
2種の型をそれぞれ色のバリエーションで
こんなにたくさん勢ぞろい。

本当にいろんな表情があって
大人カワイイがぴったりの和菓子です。
f0118944_22593651.jpg




へら目をたくさんつけるお稽古。
f0118944_22593570.jpg



持ち帰ってお手製の箱に収めるも
予定では新たな箱が完成の筈が
間に合わず・・・
某有名チョコのお箱で
ご勘弁。
f0118944_10304603.jpg

かんにんなぁ!
お家帰って箱を開けるとあら大変
心配していた通り
ひっくり返ったり・・・
お花がペチャンとひしゃげたりシテルウ008.gif







[PR]
by anton-recipes | 2016-01-06 23:13 | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧