<   2017年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花菖蒲

水元公園

今年の花菖蒲



f0118944_20401153.jpg

公園入り口から入れば混雑極まりなく

乗ったバスは入り口からさらに数個先のバス停まで過ぎて下りて

裏口から始めます。

さて、そこからの散策は

知る人ぞ知る

イーゼル広げて絵を描く人々以外はほとんど誰もいない





f0118944_20395160.jpg
株が育ち来年は株分けか?




f0118944_20403582.jpg
美しく咲いた花菖蒲でした。



[PR]
by anton-recipes | 2017-06-18 20:57 | 日々 | Trackback | Comments(0)

タイ料理




f0118944_18362098.jpg

この日のタイ料理はハマグリ入りのナシゴーレン

カービングは蕪を使ってお花の練習が続く

f0118944_18355844.jpg









[PR]
by anton-recipes | 2017-06-09 18:40 | 料理 | Trackback | Comments(0)

6月の薬膳料理


今月6月の薬膳料理です
f0118944_09341224.jpg

この時期自然界では雨多く農作物が豊かに成長します。

梅雨がもたらす多湿は私たちにはその重潤性に体の各部がより重く感じられたり

不純な水が体内に滞った感じをもたらせます。

この時期の献立は下記のような点を踏まえて作るということで、



辛温発散:体を温め、発汗作用を促し邪気を外へ追い出します。
     白葱・生姜・紫蘇・みょうが・香菜・なつめ・三つ葉・太刀魚・鶏肉

温燥化湿:温性で香りのある食薬により、湿を乾燥させる。
     さくらんぼ・ウド

清熱利湿:苦味・涼性の食材を以て熱をとり湿を除く。
     セリ・セロリ・きゅうり・豆腐・慮生藤・金針菜・シジミ・ハマグリ・茶

補気健碑:気の働きが弱い時脾胃の働きを共に補う。
     米・粟・小麦・ハト麦・大豆・南瓜・隠元・シイタケ・なつめ・イモ・鯖・かつを・鶏肉・牛肉・タラ・鰯・スズキ・
 
利尿除湿:利尿作用により湿の排泄を促進させる。
     ハト麦・冬瓜・金針菜・トウモロコシの鬚・小豆・黒豆・大豆・そら豆・恋・奮・はも・白魚・冬瓜皮

※寒湿→辛温発散の食薬を用いて発汗を促し湿をとる。
 暑湿→寒涼性の食薬と平性・湿性の食材をバランスよくとる。
 生もの・冷たいものを避ける。
 しつこい奄美・味の濃いものを避ける。


清熱除湿
ハト麦と鶏肉入りの冬瓜スープ
f0118944_09344159.jpg




清熱利潤
卵・金針菜・アスパラいりの
四海巻き





利尿消腫
ぶどう・さくらんぼ入りの
紫陽花ゼリー
f0118944_09360360.jpg








[PR]
by anton-recipes | 2017-06-04 09:45 | 料理 | Trackback | Comments(0)

お集まり 端午の節句

今年は5月30日火曜日が旧暦端午の節句でした

ということでその近辺で集まれる日が本日でした。

3日遅れの

お祝い会です。


そしてお酒は

モエ・エ・シャンドン ブリュット




f0118944_21213659.jpg


今回はお重箱を利用して一人一重を利用してのお弁当

f0118944_21215504.jpg

アワビの酒蒸し・ルコッタの胡麻和え・西京漬け鱒・
じゃがいもとエンドウ豆ニンジンの炊き合わせ・そら豆・
だし巻き卵・じゃがいもの酢味噌和え
蓮の葉おこわ・
薬膳杏仁豆腐

f0118944_21221307.jpg



おこわはお土産にもなるので一人分づつの包も作る
f0118944_21211800.jpg


これが薬膳バージョン杏仁豆腐
香りは同じ杏仁でも洋風あーもんどのかおりをかくしに使用
トッピングにハト麦・白きくらげ・蓮の実・チェリー・キウィ・
紅花シロップ
f0118944_10411908.jpg







[PR]
by anton-recipes | 2017-06-02 21:59 | 二十四節気  歳時記 | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧