タグ:チーズ ( 10 ) タグの人気記事

フロマージュブランのお菓子

フロマージュブランは優しいお味
デュップにすればメインの引き立て役になり、
チーズケーキもいろいろできる。
本日のはムース

f0118944_22370078.jpg

器の下にちょこっと持ったムース
あとはその時あるフルーツを飾る。
今日は
バナナ、ウォッカに漬け始めたチェリー、プラムはワイン漬け




f0118944_22355627.jpg


ブルーベリー・キウィ―・パパイヤのトッピングは昨日?
f0118944_22354980.jpg



[PR]
by anton-recipes | 2016-05-07 22:43 | 冷菓 | Trackback | Comments(0)

お久しぶりのティラミスさん

本当に前回はいつ作ったのでしょう?!
随分昔の様な気がする。

「今日のお家おやつ」
気取らず!

この形こそがデザートスウィーツの王道・・でしょう!
ゼラチンで固めることなく
大きな器にふんわり作る
集う人の人数に惑わされることなく作れますねェ~。

f0118944_21451334.jpg


ワンスクープ器に盛り付けて
苺をトッピング
f0118944_21444837.jpg


[PR]
by anton-recipes | 2016-02-01 21:50 | その他スウィーツ | Trackback | Comments(0)

デザート菓子 ティラミス





デザート菓子です。
先日のレッスンはデザートというより、
お店で売っているような、持ち運びできる形でのティラミス。

しかし、もとはお食事最後にお出しするよう、時間を見計らって作るデザート菓子。
時間の経過とともに崩れていく、そんなデリケートなお菓子。
マスカルポーネチーズに卵黄とメレンゲをふんわり混ぜる。
生クリームも入れない。
そんなフレッシュなお菓子。

愛情たっぷりのお菓子。

f0118944_155979.jpg



※8月31日(火) オーブン料理のlesson を開催いたします。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります
[PR]
by anton-recipes | 2010-08-18 15:59 | 冷菓 | Trackback | Comments(0)

エメンタールがパッションフルーツの香り


エメンタールチーズ
日本のチーズ輸入暦の中で相当初期からのもの

当時からエメンタールチーズの説明は
胡桃のようなナッツ独特の香り

そのように評されていたと思う。
しかしこのナッツのような独特な香りは
アントンの食指をあまり動かすことなく
混ぜて利用はするが、単品ではめったに食べず・・・


私の冷蔵庫にはグリエールチーズ系つまりお料理用に
いつも複数チーズが収まってきた。

2年前からワインのお勉強と称して
食べるようになったエメンタールは
一番手ではない。


今日のこと
賞味期限ぎりぎり
つまり熟成進んで、食べ頃は今か?

ちょっと久しぶりにお紅茶で味見。

その瞬間
パッションフルーツの香りが口の中に広がった。
今まで味わったこと無いエメンタールチーズの美味しさを
味わった感じ。
これはダージリンベースの美味しいお茶との相乗効果



かな?・・・

これって・・・チーズによって
ダージリンが持つフルーティーなフレーバーが
引っ張り出されたかな?

ダージリンの上物はマスカットフレーバーがする。
ダージリンにブレンドされていたのはセイロンのディンブラー系統?
発酵食品の食べ合わせだから
摩訶不思議がおこる。


風邪ひいて、喉いたし 熱のなか・・・

明日になったら夢かうつつか、幻か・・・
ちょっぴり、ねつっぽいantonでした。





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります♪


[PR]
by anton-recipes | 2010-04-23 19:39 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ルバーブのチーズフール

f0118944_115892.jpg

 
このルビー色 鮮やかでしょう~♪
この色で根元から茎の先端まで

ここまで赤いものはなかなか無い


毎年お取り寄せするルバーブ
初めてのお取り寄せはここだった。

さて、翌年・・・色が違う・・・
赤くない・・・???
その後は
「今年の出来は?色は?」なんて悠長な、、、

どうも、注文先を間違えていた
基  モト~イ
と言うことで、今年はこのいろ この色 鮮やかルビー。


さて今日は他のレシピご紹介
まずは
コンフィチュールをつくって


次に酸味の少ないチーズでフールを作った。

f0118944_1152941.jpg



この手のスウィーツは工程はシンプル
でも、お出しするタイミングがある。

ダンジューと言う名で知られたフランス、アンジェのチーズスウィート
流行りだすと、日本ではガーゼに包んで売られていた
デリケートなこのチーズ(フロマージュブラン)は水分が多く固まっていない。

ポタポタ水分が垂れる
水切りをしておき生クリームとあわせたら
数時間の命。

これがデザート菓子
美味しい時間は一時。

こういうお菓子
売っちゃイカンのだ

そう♪
あなたの顔を思い浮かべて作る スウィーツだから・・・。







人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

参加しています。
ポチッとあなたの一押しが励みになります♪

[PR]
by anton-recipes | 2009-07-07 10:57 | 冷菓 | Trackback | Comments(0)

フロマージュ ブラン


むかしむか~~し(?)
フランスのあれやこれやをつづった全集があった
料理やお菓子の作り方も沢山沢山載っていて
暇さえあれば捲っていたなァ~

作りもした
幸いフレンチも習っていたので作ることはさほど大変ではなかった
が・・・
材料が、如何せん材料を集められない
フランス人がフランス国内で作るお料理本
日本で材料が整う筈もない
それでも全集を見ながら
ああでもない、こうでもない、と・・・

その中で気になるチーズがあった
白チーズ
その後様々なチーズが輸入される中
このチーズなかなかお目見えせず

いまでも常時置くところは少ない
その名は
「フロマージュ ブラン」やっぱり「白チーズ」と言うこと
ただ、そのまま日本語になっている
チーズを生産するとき最初にあがってくる「ホエ」
これをかき集めたもの

いつだったか流行ったクレームダンジュー
それがこのチーズを使う
ロアール川流域にあるアンジュで作られるフレッシュチーズ
フロマージュブランをクリームとメレンゲとであわせて作るデザート菓子
水分が多くガーゼで包んであった
そう聞けば、「あ~ァ」とうなずく人も多い筈

で、今日の一品は

f0118944_11411621.jpg


ビルーベリーとラズベリーをミックスしたもの
上掛けのゼリーはリンゴンベリー
べりーべりーなフロマージュムースでした



因みに器はキャンドルウィックでした






人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

参加しています。またはじめてみました。
ポチッとあなたの一押しが励みになります♪

[PR]
by anton-recipes | 2009-04-16 11:59 | 冷菓 | Trackback | Comments(0)

ニシンのマリネはもう一つ和風にアレンジ

f0118944_12431069.jpg


先日のニシンはそのままマリネされたまま 
今日の方が、まろやか
皮をはいで、薄切りスライスにしたニシンをこんな風にアレンジ
周りに飾ったごぼうは甘酢漬け
中央の青菜はからし菜

f0118944_12432112.jpg


近づいて見るとオレンジ色のものが、、、
コレはさっき手に入れたチーズ  プールドール・ミモレット
わずかが好い
ほんのわずかのミモレットがニシンを引き立てる。


チーズはこんなものも手に入れた

f0118944_12515890.jpg


ラングルのAOC赤に合うと言う
ウニのような香りの濃厚なチーズとかいてあったが、
本日白のワインではその特徴が出ない

そうは言っても、赤にあわせて、本当にそうなるかはわからない。
その取り合わせは時の運楽しみは次回へ♪

[PR]
by anton-recipes | 2009-01-30 13:01 | 料理 | Trackback | Comments(0)

チーズタルト

夏も終わってそろそろこんなタルトも良いかな?
久しぶりにチーズタルトを作りました。
今週はレッスンや、月一のクラフトの集まりとか、
友人やら人々が多く集まります。
そこで一気にお菓子作り。


ケース作りからはじまるわけです。
好みはお砂糖入れずに作るフォンセですが
本日は甘いタイプのケース、バート・シュクレにしました。


今日も暑く、お部屋の中、冷房利かせますが、う~んなかなか・・・
作りやすい分量で、3つケースが出来たところで、
本日は、プレーンチーズタルトで~す。

f0118944_18225278.jpg

[PR]
by anton-recipes | 2007-09-09 18:26 | タルト・パイ | Trackback | Comments(4)

クリスマスチャツネとは?

♪メリークリスマス♪

さて、暦の関係でイブにクリスマスを祝った(?信者の方々はイブにはミサに出席し、聖なるクリスマスを過ごされますね。)方々が殆どだったのでは? そして一夜明けた今日は家族そろってメリークリスマス♪、ママが朝からターキーを焼くって言うのが、古きよき時代のアメリカ映画に出てきました。

我が家でも去年はターキーでしたが、今年は・・・前出の如くスタッフィングをしたチキンです。
そのチキン、普通は皆様グレービーを焼汁から作ります。。。と言いたいですが、お作りになられた方はお分かりでしょうが、これが結構脂っこい、面倒くさい。海外ではクランベリーソースも一般的ですが、日本ではなかなか手に入りにくい。といって缶詰は使いたくない私は、クリスマスチャツネなるものを付けていただきます。
f0118944_1259714.jpg

このCristmas Chatnay なかなかの優れもので、スパイスいっぱい利かせ、7種類ほどの野菜やフルーツを入れて作るチャツネです。確か、英国さんレシピです。
これが、カマンベールチーズなど、もちろんモンデールチーズにも、合うのナンノ! 先だってレッスンにお見えのチーズの先生が「絶品」と賞賛されました。今、わたくしの周りでは、じわじわと広まりつつあります。 



にほんブログ村 料理ブログへ
ブログランキングに参加中、ポチッとしてくださると嬉しいです。
[PR]
by anton-recipes | 2006-12-25 13:06 | 料理 | Trackback | Comments(2)

季節限定のモンドールチーズをクリスマスのテーブルへ

去年はモンドールが出たころ一度集ったのが11月と思っていましたが、今写真を見ると、12月でした。テーブルに雪の結晶が見えたので、これは12月のお集まり。
今日もう一つMHPのお友達のところで、モンドールチーズが出ていたのを見て思い出しました。最後に残ったら、フォイルでふたをして、オーブンに入れて焼くと、また一味違う味わいです。クリスマスの夜。このチーズと美味しいワインがあれば・・・それはそれで、ステキなクリスマスの夜♪静かなクリスマスの夜♪
f0118944_24327.jpg




にほんブログ村 料理ブログへ
ブログランキングに参加中、ポチッとしてくれると嬉しいです。
[PR]
by anton-recipes | 2006-12-12 02:07 | 料理 | Trackback | Comments(6)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧