人気ブログランキング |

大使館のピロシキはなぜ小さい?

追記あり
その後焼きあがったイギリスパンをアップしておきます。
*******************************************

 
そうなのです
大使館のピロシキ小型なんです。
でも作り方教わった時の1個分の生地分量
決して少ないわけではない

アントンは昔からアメリカやイギリスの雑誌を手元においていた。
パンに関しても相当数のレシピがある。
デ、外国のレシピって結構大雑把
そして、日本と明らかに違うところは水ではなく牛乳をよく使用する。

謎解きはここに始まった。
海外のレシピで作ったパンは
焼きたては美味しいのに翌日とか夜になるとパサつく
気のせいかと思ったりもしたが・・・
大使館のも同様

で気付いたのは牛乳のカゼイン
シュウクリームのシューをカチンと固く作りたい時牛乳を使用する
つまり日本のレシピは脱し粉乳使用して
カゼインを除き柔らかい仕上げになっているのだと気付いた
つまり
膨らみも違うのだと・・・思った。

それで、我が家のピロシキ改訂版に乗り出した。
同じ重さの生地の
膨らみもあきらかに違う
日本のは大きくなる
一日経っても柔らかなカンショク
確かに違っています。
ピロシキ

f0118944_13161978.jpg



こんな記事書きながら
只今山型パンを焼いている。

そして

キムチも!!!
えっ? キムチは漬物
焼いているわけではない!

キムチは昨日から下漬けしてただいま水切りしています。
もう少し。
こちらは次の記事でご紹介♪



***********************************
追記
さて、その後焼きあがったイギリスパンです。
ちょっと久しぶり♪

f0118944_1527635.jpg





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログ フードコーディネーターへ
にほんブログ村

参加しています。
ポチッとあなたのクリックが励みになります♪


トラックバックURL : https://antoncafe.exblog.jp/tb/15218588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by anton-recipes | 2010-12-25 13:18 | パン | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る