カテゴリ:料理( 254 )

まさかのケーク・サレ

白口胡麻油で只今いろいろ試作中

サラダオイルに代替えで使用してみると

いろいろ発見あり。

多少の重さを懸念して使用料を遠慮してみた。

その結果カロリーを抑える効果。

そして、

におわず、主張しないとはいえ、胡麻がもつ芳醇さはお味がよくなる。

黒砂糖のケーキは相乗効果を得てふかみがでる。
f0118944_23383900.jpg



ケーク・サルも和の素材にマッチしてふくよかなお味。



[PR]
by anton-recipes | 2018-02-12 10:57 | 料理 | Trackback | Comments(0)

風邪予防の薬膳

風邪やインフルエンザの原因ともなるウィルス低温乾燥状態で活性化します。
室内では湿度を高めるために加湿器もありますが、
カビやダニの発生を考え私はぬれタオルをかけています。

室内の温度を温めることも重要ですが、
体を温めるために失ったエネルギーや衛気を充実させるためには
食事に気を付け体内から温めることが必要です。


f0118944_18023772.jpg

・鮭のちまき
 食材・・・もち米、塩鮭、ゴボウ、にんじん山菜・白きくらげ、黒ゴマ

・イカとエビ団子のスープ
 食材・・・いか、むきエビ、卵、ニンジン、小松菜、しめじ

・蕪と干し柿の胡麻酢和え
 食材・・・蕪、ニンジン、シイタケ、干し柿、クコの実、白ごま、

・栗・小豆入りもち米のお菓子
 食材・・・もち米、ハチミツ、紅麹、佳花、干し杏子、小豆、

・お茶・・・紅花、なつめ、しょうが

[PR]
by anton-recipes | 2018-02-04 20:58 | 料理 | Trackback | Comments(0)

朝の七草がゆ

七日が過ぎた最初の朝に

お玄関のお飾りを外し

七草がゆにしてみた

と言ってももどきです。

この時期七草は普通には揃わない。

かごに入ったミニセットも昨日は見かけなかったし
いつものように大根(すずしろ)中心にセリをちりばめたもの

f0118944_11365534.jpg


[PR]
by anton-recipes | 2018-01-08 11:38 | 料理 | Trackback | Comments(0)

手作りおせち

毎年頂戴する水仙

心残りだがこの花を残して晴れの国へ旅立つ

お三が日過ぎ、やっと我が家へたどり着いた時

扉を開けると迎えてくれるのはこの水仙の香り


f0118944_00190495.jpg





我が家を離れるので思うようにおせちはできないが


矢張り一応簡単に作ってみる

今年のきんとんはゆり根に栗入りきんとん


f0118944_01103693.jpg

塩ぶりにする時間もなくお醤油漬けで焼く

金柑密煮、黒豆、糖衣のごまめ、数の子の粕漬け、アナゴの甘辛煮は

出発前東京で作って運ぶ

エビと甘酢煮合鴨は当地で作り

炊き合わせは当地産の野菜でそれぞれ煮る

東京を出る前にやつ頭確保

これは、これから作ってぼちぼちいただきます。

これはどうしても私外せない!









[PR]
by anton-recipes | 2018-01-06 01:23 | 料理 | Trackback | Comments(0)

街はクリスマスデコレーション

せっかくなので寄り道


今年の丸ビル
クリスマスデコレーション
f0118944_14205280.jpg


もう一つおまけの
KITTEは
毎年同じように見えますがな…
f0118944_14142995.jpg

本日のメイン実は
お料理(フレンチ)
北海道にこだわって作るスープ
f0118944_14145823.jpg

f0118944_14151388.jpg


柿のソースを添えた
フォアグラのポアロ

f0118944_14152885.jpg



[PR]
by anton-recipes | 2017-12-10 14:36 | 料理 | Trackback | Comments(0)

すっかり秋 お肌に優しい薬膳

一週間前の夏日の後の此の寒さ
風邪ひかぬよう養生しましょう

秋は立秋(8月7日)から立冬(11月7日)の3か月。
前半はまだまだ夏の暑熱が続くころ、
日記を見ると曇天続き、雨空も多かった。
8月末は「熱いながらも日差しは秋」とある。

秋は乾燥の季節で口や鼻の乾燥でのどの渇きや鼻血。
皮膚や唇併せて髪の毛の乾燥・抜け毛、便秘・尿少。
或いは肺の働きは良くなる半面潤いを好む肺にとっては秋の邪は大敵。
痰少・喘息・胸痛等呼吸器のトラブルにもなりやすい。

そんな燥邪に対して用いる食薬
滋陰潤肺:きび・白きくらげ・松の実・白ごま・卵・牛乳・投入・里芋・ゆり根・白身魚・柿
益胃生津:きゅうり・トマト・胡麻・豆腐・黒きくらげ・南京・大豆・サツマイモ・キノコなど

具だくさんのお蕎麦
f0118944_19254771.jpg
具材は:大根・ニンジン・鶏肉・金針菜
そばつゆはクルミと豆乳入り




サツマイモの胡麻コロッケ
f0118944_19261395.jpg
挽肉とサツマイモを丸めてパン粉の代わりにたっぷりの白ごまを使います。






小松菜・菊花・白きくらげのあえ物
f0118944_19263713.jpg






柔らかフルフル牛乳寒天
f0118944_19252863.jpg
トッピングは梨とマンゴー
ハイビスカスシロップ

[PR]
by anton-recipes | 2017-10-15 19:36 | 料理 | Trackback | Comments(0)

秋の薬膳 9月

f0118944_12132482.jpg

秋の食材と中薬
補気類:うるち米・もち米・栗・サツマイモ・長芋・秋刀魚・黄耆・ハチミツ・なつめ
滋陰類:白きくらげ・松の実・白黒胡麻・ゆり根・卵・牛乳・豚肉・牡蠣・ホタテ・アワビ・クコ・麦門冬・桑の実・成子百合
止咳平喘類:銀杏・牡蠣・梨・杏仁・羅漢果・琵琶葉
止血類:黒きくらげ・レンコン
消食類:消化を促進させるー大根・蕪・おくら

上記の物を中心に食材を選んだレシピです。




白豆・蕪のサラダ
益気肝腎
f0118944_12141130.jpg





黄耆・銀杏・シイタケの炊き込みご飯
益気滋陰潤燥
f0118944_12134552.jpg





麦門冬の長芋羹・梨添え
潤肺清熱
f0118944_12143265.jpg






大根と油揚げの味噌汁
消食散瘀






[PR]
by anton-recipes | 2017-09-14 14:14 | 料理 | Trackback | Comments(0)

タイ料理




f0118944_18362098.jpg

この日のタイ料理はハマグリ入りのナシゴーレン

カービングは蕪を使ってお花の練習が続く

f0118944_18355844.jpg









[PR]
by anton-recipes | 2017-06-09 18:40 | 料理 | Trackback | Comments(0)

6月の薬膳料理


今月6月の薬膳料理です
f0118944_09341224.jpg

この時期自然界では雨多く農作物が豊かに成長します。

梅雨がもたらす多湿は私たちにはその重潤性に体の各部がより重く感じられたり

不純な水が体内に滞った感じをもたらせます。

この時期の献立は下記のような点を踏まえて作るということで、



辛温発散:体を温め、発汗作用を促し邪気を外へ追い出します。
     白葱・生姜・紫蘇・みょうが・香菜・なつめ・三つ葉・太刀魚・鶏肉

温燥化湿:温性で香りのある食薬により、湿を乾燥させる。
     さくらんぼ・ウド

清熱利湿:苦味・涼性の食材を以て熱をとり湿を除く。
     セリ・セロリ・きゅうり・豆腐・慮生藤・金針菜・シジミ・ハマグリ・茶

補気健碑:気の働きが弱い時脾胃の働きを共に補う。
     米・粟・小麦・ハト麦・大豆・南瓜・隠元・シイタケ・なつめ・イモ・鯖・かつを・鶏肉・牛肉・タラ・鰯・スズキ・
 
利尿除湿:利尿作用により湿の排泄を促進させる。
     ハト麦・冬瓜・金針菜・トウモロコシの鬚・小豆・黒豆・大豆・そら豆・恋・奮・はも・白魚・冬瓜皮

※寒湿→辛温発散の食薬を用いて発汗を促し湿をとる。
 暑湿→寒涼性の食薬と平性・湿性の食材をバランスよくとる。
 生もの・冷たいものを避ける。
 しつこい奄美・味の濃いものを避ける。


清熱除湿
ハト麦と鶏肉入りの冬瓜スープ
f0118944_09344159.jpg




清熱利潤
卵・金針菜・アスパラいりの
四海巻き





利尿消腫
ぶどう・さくらんぼ入りの
紫陽花ゼリー
f0118944_09360360.jpg








[PR]
by anton-recipes | 2017-06-04 09:45 | 料理 | Trackback | Comments(0)

5月の薬膳

a0323652_22251855.jpg



五月は血瘀体質改善の薬膳でした。
血が滑らかに流れず緩慢になり停滞して
体の様々な部位に痛みや悪しき症状が現れます。
その体質を緩和したり治していこうと立膳してあります。
今月はとてもカラフル。
赤い色は元気の出る色
これは古今東西を問わず共通ですね。


≪活血化瘀≫・・血流をスムーズにする食薬としては

【食材】・・・青梗菜・韮・皮つき茄子・桑井・酢・レンコン・黒きくらげ・酒・うど
【中薬】・・・紅花・山査子・桃仁・川きゅう・丹参・ウコン・益母草(やくもそう)月季花・サフラン・ヨモギ・ターメリック・田七ニンジン


≪理気≫・・・・気の巡りをよくする

【食材】・・・そば・らっきょう・えんどう豆・ミカン・ダイダイ・カボス・ジャスミン
【中薬】・・・陳皮・仏手・葱白【がいはく】マイカイカ・木香




山査子と青梗菜のスープ
a0323652_22253412.jpg




アジのワイン煮込みオレンジ添え
a0323652_22260675.jpg




ウコン・紅花・菜の花ごはん
a0323652_22264155.jpg


桃仁・桃ゼリー
a0323652_22262307.jpg



[PR]
by anton-recipes | 2017-05-13 13:52 | 料理 | Trackback | Comments(0)

身の回りにある手作りいろいろ。お料理とかお菓子とか・・・。  


by anton-mama
プロフィールを見る
画像一覧